QムービーTOP > ゲーム > グラブル

グラブル 土パの理想編成と運用方法

グラブル 土パとは?

土属性で統一されたデッキであり、最近では毒の追加で注目を集めている土パですが長らく水同様に不遇の時代がありました。

水属性にはヨダルラーハという英雄が現れ、土だけが残されるかと思える状態に登場したのが「サラ」であり、サラは土属性ではトップの防御力、全属性においても鉄壁になれるアビリティをもつので、特殊な硬さでありまさに鉄壁の名前に相応しい存在です。

全属性に投入することのできる能力であり、ヨダルラーハの必須サブとも言われるほどです。

サラに代表されるように防御型が多いですが土属性は攻防のバランスがよくどの属性にも投入できるキャラが多いのも特徴と言えます。

また、武器もアンノウンにHP増加があるので持っている場合は導入することで高いHPをさらに増幅させることも可能です。

耐久戦での殴り合いもできるのでマルチや共闘などでも安定したクリアと高い生存率を誇ります。

土パは生存率の高さ魅力

グラブルはただ勝てばいいだけでのゲームではなく、いかにして生き残るかも大きな課題としてあるので土属性は生存率の高いデッキを組みやすいと考えてもいいでしょう。

土属性の特徴は攻防のどちらもバランスがいいこととマウント持ちバッファー持ちを一人で兼任できるキャラがいるという面になります。

火属性や闇属性よりアタッカーの数は少ないですがその分耐久デッキや持久戦も可能であり、生存率の高さをみると土パの優秀さがわかります。

ヒール、デバフ、バッファーが最近増えてきているのも土パの特徴ともいえます。最終上限解放キャラこそまだすくないものの、今後増えていくことやサラの進化などにも大きな注目が集まるのが土属性です。

グラブル 攻略Wiki」はこちらへ

土属性のおすすめキャラ

08984-granbluefantasy_thumbnail

サラ・レアリティSSR

・最大ATK:7200
・最大HP:2080
・タイプ:防御
・武器:格闘
・種族:ヒューマン。

奥義

テラ・イラエ』:土属性の特大ダメージ

【アビリティ1】『マエスティティア』

・効果:敵の単体攻撃を1ターンの間、味方の代わりに受ける
・アビリティ強化:Lv55でターン短縮
・使用間隔:5ターン(Lv55:4ターン)

【 アビリティ2】『クアドリガ』

・効果:1ターンの間、味方全体の被ダメージ50%カット
・アビリティ強化:Lv75で味方全体の防御UP追加)
・使用間隔:5敵の単体攻撃を1ターンの間、味方の代わりに受ける

【ターンアビリティ3】『エメス』

・Lv45で習得
・効果:2ターンの間、自分の防御10倍UP
・使用間隔:5ターン

【サポートアビリティ】『砂神グラフォスの慈愛』

自分のHPが少ないほど攻撃UP。このアビリティから見てもわかるようにサラは防御に特化しているだけではなくカウンターもこなせる存在です・スタートダッシュチケで押さえておけば序盤は打撃に、終盤はサラ一人で壁役がはれる存在に進化します。

サラの特徴

最終上開放はまだ未実装なので今後もアビリティの追加、変化、強化は大きく望めあるのでスタートダッシュチケット、もしくはサプライズチケットで押さえておきたいキャラの一人です。

土パ画像3

サラの良さは防御力がほぼないキャラやヨダルラーハのように1ターン完全ガードで】守りきらなければいけないキャラを守りながらパーティ全体をガードできる面にあります。

ヨダルラーハは水属性ですがそのガードを介護と呼ぶユーザーも多く、サラはヨダルラーハの介護要員という別名も持っているほどの鉄壁の守りを発揮してくれます。

全キャラの中でもスタートダッシュチケットで入手する優先度ナンバーワンとも言われる性能でありサプライズチケットで入手しても間違いなく損はないと言い切れるキャラです。

カリオストロ・レアリティSSR

土パ画像4

・最大ATK:8310
・最大HP:1900
・タイプ:回復
・武器:杖
・種族:ヒューマン

奥義

アルス・マグナ』:土属性の特大ダメージ(++で回復性能が上昇(上限3000・効果時間2ターン)追加)

【アビリティ1】『コラプス』

・効果:敵全体に土属性ダメージを与え、180秒間の防御DOWN(10%)を付与
・アビリティ強化:Lv55で性能強化・ターン短縮(Lv90で防御DOWN15%に強化・ターン短縮)
・使用間隔:8ターン(Lv55:7ターン / Lv90:6ターン)

【アビリティ2】『ファンタズマゴリア』

・効果:自分の弱体効果を1つ回復し、3ターンの間攻撃と防御、連続攻撃確率をUP
・アビリティ強化:Lv75で効果量が大幅に強化(Lv100で効果量が減少する代わりに対象が全体になる)
・使用間隔:10ターン

【アビリティ3】『リーンフォース』

(※Lv45で習得)
・効果:味方全体のHPを最大2000回復(奥義使用後は最大3000回復)
・使用間隔:7ターン

【サポートアビリティ】『世界で一番可愛いっ☆』

・弱体効果耐性UP

『スペアボディ』

戦闘開始時に、自身のHPが0になった後に復活する『自動復活』効果を付与。(強化効果扱いなので、敵の行動や味方の一部アビリティ等で消えてしまうことがある。)

カリオストラの特徴

土属性屈指の回復薬ヒーラーであり、最終上限後の支援性能を含めてサラと組ませることで壁と回復、サポートなどが二人で完成してしまうという利便さがあります。

ただし、サラと違い最終上限解放が前提キャラなのでアタッカーがある程度揃ってから解放して育成という流れでもいいかもしれません。

アレーティア・レアリティSSR

土パ画像5

・最大ATK:9800
・最大HP:1560
・タイプ:攻撃
・武器:剣
・種族:ヒューマン

奥義

白刃一掃』:土属性の特大ダメージ

【アビリティ1】『序』

・効果:敵に3.5〜4.5倍土属性ダメージを与える
・アビリティ強化:Lv55で倍率が4~5倍に性能強化、ターン短縮
・使用間隔:6ターン(Lv55:5ターン)

【アビリティ2】『破』

・効果:敵全体に1.5〜2.5倍土属性ダメージを与える
・アビリティ強化:Lv75で倍率が2.5~3.5倍に性能強化
・使用間隔:7ターン(Lv75:6ターン)

【アビリティ3:『急』

(※Lv45で習得)
効果:自分が即座に奥義発動可能になる
使用間隔:6ターン

<サポートアビリティ>『剣聖』

自身の奥義ゲージ上昇量20%UP。

アレーエィナの特徴

アレーティアは土属性屈指のアタッカーであり、ヨダルラーハに近い性能と言えます。

アビリティ序、破、ともに5ターン6ターンとすぐに発動できることにくわえ、自分の奥義を即発動に持ち込める急もあるので奥義の連発を可能にしてくれます。

アレーティアは防御もですが自分のバフや敵へのデバフなどが一切なく純粋なアタッカーなので、組ませるサポートキャラは必須になります。

ですが、土属性には鉄壁の女神サラが存在し、バフデバフはサラに担当させることでアレーティアでダメージランキングや共闘の短時間クリアなども可能になります。

最終上限の際には声優の変更の可能性もあり、それを考えても最終上限解放が遠いという意見もあります。(CVは故、大塚周夫氏)

グラブルは声優も大きなファクターですがアレーティアを眠らせたままよりも最終上限解放を実装することで再度光を当ててほしいと願うユーザーも多いです。

召喚石ウォフマナ

土パ画像6

討滅戦で入手できる召喚石であり、無課金でも4凸が可能という面を考えても土属性に必須の存在と言えます。

暗闇付与えおもち、4凸で土属性の攻撃力を60%引き上げてくれるので嬉しい存在です。暗闇付与は確定ではないので成功したらいいな程度にしておくことが大事ですが、デッキの火力の底上げが4凸確定可能で作れるのは大きなものと言えます。

グラブルの召喚石は3凸、できれば4凸まで持ち込めるかどうかで効果が大きく変わってきます。

討滅戦などで入手できる召喚石はできるだけ4凸まで全属性作っておくことで、デッキの切り替えなども便利になってきます。

召喚石シルフィードベル

土パ画像7

シルフィードベルは属性関連ではなく、十天衆を入手する際に大きな役割を果たします。

土属性は十天衆であるサラーサを導入することで生存率の高さが一気に引きあがります。そのサラーサ入手のためにはこのシルフィードベルの3凸が必須になります。

4凸までつくれればベストですがシルフィードベルに関しては3凸でも問題はありません。十天衆入手も視野に入り始めたらクエストで入手して早目に3凸まで仕上げておきましょう。

土パキャラまとめ

サラのあるなしで大きく変わってくる属性でもあり、サラは全属性に投入できるマルチ性能なのでサプライズチケで交換する筆頭と言い切れます。

土属性統一はもちろんですが火パなのどのアタッカーとバフの嵐のデッキに入れることでサラ一人で壁役が賄える仕様です。

ヨダルラーハのようなガード必須キャラにはサラを付けることで、サラ自身に敵の注意を攻撃を引きつけながらカウンターも返せる性能を持っているので、どの属性でも投入できる頼もしい壁役になります。

SRでも終盤まで活躍できるキャラやバッファーキャラが多いのも土デッキの嬉しい部分であり、イベ武器なども組み合わせながらキャラ自体を育てていくことでサラを中心とした攻防の完成度があがります。

全属性の中でも最も高い生存率を持つので闇パなどの使い方に慣れない人などは土パにシフトチェンジするのもいいでしょう。

土デッキで押さえておきたいのはサラ一点と言っても過言ではないほどの性能を持っています。

関連記事

光パの編成!中級者を脱出したならば光パ
闇パの編成~鉄板から意外なキャラまで~
風パはツワモノ揃い?風パの理想に迫る
火パの必須キャラを確保しよう!
水パの理想編成はヨダ爺とアルタイルが主役

土パの理想的な武器

土パ画像8

土パで押さえておきたい武器は、アンノウンを1本導入するということになります。

アンノウンがあることで土パはHPが増加され、生存率をさらに引き上げてくれます。

土パ部位の良い部分の一つはイベント産のSR武器でも中盤まで戦力としてた戦える部分です。

中盤以降

土パ画像9

星の古戦場武器などを多用できるのでキャラを数体揃えてアンノウンとSRキャラでデッキを固めて武器をある程度そろえることで完成形が見えやすくなります。

方陣攻刀6本、アンノウン、バハムート1ずつ、を基本形にして方陣を削っていくのはベストかもしれません。

アンノウンがない場合は方陣を追加して、入手後は入れ替えていくことがおすすめです。

十天衆サラーサ加入後はユグドラシルマグナを2本いれ、主人公のジョブをウェポンマスターにすることで捨て身の際のパーティ全体の動きが大きくかわります。

マグナをできるだけ多く編成できればベストですが現状では非常に難しい状態です。

サラを導入してからはサラ中心の武器の組みかた、サラーサ加入後は追加で武器の入れ替え、アンノウンが複数入る場合は複数と法人を削って入れ替えていく形が理想系です。

ですが、実際に組める武器の一端の完成形は方陣攻刀6、通常攻刀2、バハムート武器1、アンノウン1になります。

マグナなどが入手記でたら方陣と最初に入れ替えていくことになります。このことからも星の古戦場での武器集めが重要になってくるので、古戦場イベントの時は土属性武器を狙っていきましょう。

土パの運用方法

土パ画像10

土パの運用方法はサラを中心に組んでいくことで、敵の攻撃をほぼ無効化できる面にあります。

主人公のジョブをダークフェンサーにすることでサラと組ませればチャージターン2ターン以上の敵は完封できます。

これがサラの鉄壁の由来の一つでもあります。

ダメージ全カット編成

また、サラは単体攻撃だけではなく全体攻撃の防御が可能であり、全体防御ダメージ50%カットのクアドリガとかばう効果の「マエスティア」、「エメス」を組み合わせることで敵からのダメージをほぼ全カットすることが可能です。

これはヨダルラーハやアレーティアのようなガード必須キャラやデバフなしキャラにとっては大きな存在であり、同じ属性でもあるアレーティアはサラのダメージ50%カットを付けることで奥義連発でもあっても撃たれ弱いキャラではなくなります。

武器の運用もサラ中心に組んでいくことで無駄がなくなるという面もあり、サラのあるなしで大きく変わってきます。

マグナ戦などでもサラを入れることで、相手の打撃を完全カットしながらこちらの打撃をフルで撃ち込める条件がそろう、という一種のチートキャラになります。

主人公のジョブ

土パ画像11

また、主人公をダークフェンサー以外にしておくことでアルルメイヤ(レアリティSSR)などをサラとくませ、特殊技をカットするこうかもうまれます。

基本ジョブとしてはダークフェンサー推奨ですが、忍者などを使っている場合はアルルメイヤと二機体制にし、忍者の縮地などを組み合わせていくことで面白さを作れます。

麻痺やスロウ効果を作れるという面からも今後も忍者の運用は大きな課題になってきます。

16種類の効果を作ることができるのでダークフェンサーから切り替える人も多いかと思いますがダークフェンサー、ウェポンマスターのように汎用性の広いジョブを極めていくこともお勧めです。

召喚石

ウォフマナフ

召喚石もですが常設であるウォフマナフの4凸を複数作れるだけの能力がある場合は、複数の4凸ウォフマナフ銃で染めると、火力の底上げが一種のバースト状態にまでひきあがります。

常設で4凸できるのは確定ということにもつながるので、できるだけ討滅戦では複数の4凸を作れるように基礎を組んでいきましょう。

メドゥーサ

ウォフマナフの汎用性が高いので他の召喚石がかすみがちですが、メドゥーサなども入手した際には最終解放でサタンと同様の火力を持つ存在になります。

最終解放後は土属性の火力を80%引き上げるのに加えてHP20% の増加も付与します。

生存率を高めよう!

土パ画像13

アンノウン武器なども入れることで、土属性の生存率の高さは全属性でも際立ちます。

サラを入手するまでは他の属性で進めていき、サラの入手で土属性のデッキを組むかメインデッキに皿を入れてさらにガードを強くしていくかの流れが多くなっています。

グラブルで大事なのは全滅を下げた生存率になります。生き残れなければいけないので、生存率が高いキャラ、身代わりやかばうを持っているキャラは貴重な存在です。

サラはそのすべてに合致している面を含めて全キャラでも特殊と言っていいでしょう。アンノウン武器や召喚石の組み合わせで土属性はHPの底上げができます。

土属性はHPが高めなキャラが多いですがそれをさらに引き上げる位ことができる、サラの鉄壁を使うことができる、アレーティアで奥義を連発し打撃を撃ちこめる、敵の打撃は一切通さないという構成ができるという面白さが生まれます。

もちろん、デッキによってはここまでのカット率が出ないこともありますが、総じて土属性は長期戦や耐久戦にも強いメンバーが多く、種族の統一ではなく属性のHPアップ加護があるという面をみても組み合わせの幅が広い状態です。

イベントでの入手武器が中盤以降も使えることやガチャSSR武器以外でも古戦場武器やマグナ武器など入手可能なSSRがメイン武器に据え置くこともできます。

土パまとめ

グラブルはデッキの組み方が画一ではありません。属性統一であっても個性が出てきます。

押さえるべきキャラや召喚石の紹介に手持ちを組み合わせることでも十分統一デッキが作れます。

どの属性もそうですがアビリティの効果のかさねかたでどうなるかが大事です。

バフデバフだけではなくサラのようなダメージカット系、カリオストロのようなヒーラーとバッファーを兼任できるキャラが多く、兼任できればその分だけアタッカーを増やしたりマウント役を入れたりできるので結果として生存絵率の高さにつながります。

壁役を一人で兼任できるサラの実装と共に、土属性は大きな転換期を迎えたと言ってもいいでしょう。

関連記事

光パの編成!中級者を脱出したならば光パ
闇パの編成~鉄板から意外なキャラまで~
風パはツワモノ揃い?風パの理想に迫る
火パの必須キャラを確保しよう!
水パの理想編成はヨダ爺とアルタイルが主役

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社