QムービーTOP > ゲーム > グラブル

グラブル SRリュウの評価と運用

グラブルのリュウとは?

SRリュウは期間限定のストリートファイターとのコラボイベント、グランブルファイターで入手できるキャラクターです。

基本ステータス

レアリティ:SR

属性:風

最大ATK:5400

最大HP:1000

タイプ:攻撃

得意武器:格闘

種族:ヒューマン

奥義:滅・波動拳

効果:風属性ダメージ(大)

アビリティ1:波動拳

効果:敵全体に風属性ダメージ+気絶値10を付与+稀に灼熱波動拳に変化し、火属性追加ダメージ。5ターン間隔で使用可能。

アビリティ強化:Lv45で性能強化

アビリティ2:昇竜拳

効果:敵全体に風属性ダメージ+気絶値10(累積)を付与+1ターンの間、敵の通常攻撃を回避して反撃(3回)。7ターン間隔で使用可能。

アビリティ強化:Lv65で性能強化

アビリティ3:竜巻旋風脚

効果:敵全体に風属性ダメージ+気絶値20を付与。6ターン間隔で使用可能。

サポート:孤高の求道家

効果:アビリティ使用時に奥義ゲージ10%UP

リュウの特徴

気絶値

SRリュウのアビリティは気絶値という独自のポイントを敵に付与する仕様となっています。

これはストリートファイターシリーズでキャラクターの頭上を小鳥が舞うピヨりを再現したもので、気絶値の合計が100に到達したとき、敵を30秒間気絶状態にすることが可能です。

気絶値が有効なのは180秒の間だけですが、それぞれのアビリティの気絶値がまとめて計算されるので、連続でアビリティを使うことによって一気に気絶状態に持ち込むことができます。

気絶状態の敵は反撃をしてこないので、次々と攻撃を仕掛けることができます。

HP回復と状態異常回復

また、HP回復や状態異常回復などのアビリティを使って態勢を整えるという使い道もあります。

ただし、気絶状態から回復した敵が特殊な攻撃を仕掛けてくる場合もあるので、行動パターンに応じて気絶させるタイミングを図る必要があるでしょう。

また、一度気絶状態になった敵は耐性を持ち気絶しにくくなるので、長期戦になることが予想されるクエストでは思ったような活躍ができないこともあります。

風属性ダメージ

SRリュウのアビリティは気絶値の付与だけでなく、風属性ダメージを与える効果も持っています。

波動拳、昇竜拳、竜巻旋風脚のいずれも敵全体にダメージを与えることができるので、複数のモンスターが出現するクエストではより一層の活躍が見込めます。

波動拳は5ターン間隔で使える上、運次第ではあるものの、火属性の追加ダメージが与えられるので特に使いやすいアビリティです。

昇竜拳

昇竜拳の回避&反撃効果は3回まで発動しますが、効果が1ターンしか続かない点には注意が必要です。

ユグドラシル・マグナのように攻撃回数が多いボスの出るクエストで真価を発揮するアビリティと言えます。

あまり敵の攻撃がきつくないクエストでは、気絶値をためるために積極的に使った方が良いので、攻撃アビリティとして考えましょう。

奥義ケージをためやすい

アビリティを使用するとサポートアビリティの効果で奥義ゲージがたまるので、奥義を撃つ頻度を高めることができる点も優秀です。

入手しやすい

コラボイベントでほぼ確実に入手できるという点も評価すべきところです。イベントに参加するとSRリュウが期間限定でパーティー編成できるようになります。

そのままではイベント終了時にいなくなってしまいますが、パーティーに入れた状態でクエストをクリアしていき、信頼度を一定値まで上げればそのまま仲間になってくれます。

信頼度の上昇は消費したAPによって決まるので、高難易度のクエストをクリアできなくても入手可能です。

そのため、グラブルを始めたばかりの無課金プレイヤーでも獲得できるキャラクターとなっています。

グラブル 攻略Wiki」はこちらへ

SRリュウの上限解放の素材

09032-granbluefantasy_thumbnail

SRリュウの上限解放に必要となる素材は以下の通りです。なお、最終上限解放は現在の段階では未実装となっています。

上限解放1回目:木の宝珠x1個、緑の書x2個、疾風の巻x1個、星晶の欠片x1個

上限解放2回目:裂空の宝珠x1個、疾風の巻x2個、ウィンド・ジーンx1個、星晶の欠片x2個、星晶塊x1個

上限解放3回目:烈空の宝珠x2個、風竜鱗x1個、ウィンド・ジーンx2個、星晶塊x2個、ティアマトのアニマx3個

上限解放4回目:虹星晶x3個、ティアマトのマグナアニマx3個、栄光の証x3個

ガチャではなくコラボイベントで入手する形となるSRリュウですが、上限解放に必要となる素材は他の風属性のSRキャラクターと同じような構成になっています。

ストリートファイターコラボでしか手に入らない素材が必要となる、というようなことはないので、コラボイベント終了後に育成してもOKです。

レベル上昇によってアビリティの使用間隔は短縮されませんが、波動拳・昇竜拳の性能が強化されるので風属性パーティーの面子が揃っていないのであれば、積極的に上限解放していくことをおすすめします。

特に全体にダメージを与えるアビリティを持つキャラクターをガチャで入手できていないのであれば、育てておいて損はありません。

グラブル 攻略Wiki」はこちらへ

SRリュウのおすすめ編成

SRリュウをパーティーに入れる場合、風属性パーティーのアタッカーとして採用することが基本となります。

SRリュウを採用したおすすめ編成に入れておきたいキャラクターは以下の通りです。

SR前川みく

SRリュウと同じく風属性で得意武器が格闘のキャラクターです。

風属性の格闘武器にはティアマト・マグナ討伐戦で入手可能なティアマトガントレ・マグナ(スキルは嵐竜方陣・攻刃Ⅱ)が存在するので、火力を確保しやすくなっています。

サポートアビリティの効果もSRリュウと似通っているので、奥義を連発しやすい編成にすることができるでしょう。

奥義ゲージの上昇率はSRリュウに劣りますが、2ターン間隔で使用できる<あたっく Shall We〜?>を習得するので奥義発動のタイミングを合わせるのはそれほど難しくないはずです。

アビリティの効果自体も攻撃面を強化するものなので、リュウのアビリティと合わせてどんどん敵を倒していけます。

アイドルマスターシンデレラガールズとのコラボイベントで入手可能なので、無課金プレイヤーでも編成しやすいというのもおすすめする理由です。

SRヘイゼン

こちらも風属性で得意武器に格闘が含まれるキャラクターです。

味方全体の防御力アップやHP回復などのサポート能力を持っているので、SRリュウのアビリティで敵を気絶状態にしたときに立て直しを図りやすくなります。

また、敵の攻撃から味方をかばう<惻隠の情>を使用すると、アビリティが風属性ダメージや攻撃力アップなどに変化するため、気絶している間にとどめを刺しに行くというスタイルにも対応可能です。

<惻隠の情>のかばう効果自体も攻撃タイプであるSRリュウのサポートに向いています。

SRミニゴブ

デバフに特化した風属性のキャラクターです。

得意武器は格闘ではありませんが、敵全体の弱体耐性をダウンするアビリティを持つため、SRリュウのアビリティで敵を気絶させやすくなります。

複数回、敵を気絶させる必要があるクエストでは重宝するはずです。また、アビリティ3の<ぼんやりするゴブ>はランダムに弱体効果を付与する効果を持っています。

ランダムなので安定性には欠けますが、気絶状態と合わせることで敵の反撃を食らわない時間帯を増やすことが可能です。

また、SR前川みくと同時に編成する場合、魅了状態の敵に水属性ダメージを与える奥義の効果を適用できる可能性が出てくる点も嬉しいポイントと言えるでしょう。

グラブル 攻略Wiki」はこちらへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社