QムービーTOP > ゲーム > 黒い砂漠

黒い砂漠 ウォーリアーのスキルと特徴

「黒い砂漠」には、他のゲームでいう職業「クラス」の概念があります。

黒い砂漠を始めてプレイするプレイヤーによくオススメされているのが「ウォーリアー」というクラスであり、扱いやすさと操作性がオススメとされている理由の一つです。

ウォーリアーの特徴

ウォリアー画像2

ウォーリアーは性別が男性で固定となっており、使用する武器はソード、そしてシールドを装備する事ができるので、攻撃と防御のバランスの良さもウリとなっております。

まだ、スキルには強力な攻撃スキルだけでなく、ウォーリアーのイメージを吹き飛ばすような移動技が魅力でもあります。

そのため、パワータイプでありながらスピードを活かした戦い方も可能ですが、移動技等の癖や距離感には慣れが必要になってきます。

ウォーリアーはモンスター相手であればシールドや範囲技で有利に立ち回る事ができるため、初心者にもオススメできるクラスです。

対人性能がやや難あり?

反面、対人(PvP)の立ち回りがモンスターとは全く違い、モンスターを相手にするのと同じ感覚で戦おうとすると全く通用しなくなります。

そのため、ウォーリアーは「対モンスター性能は高いが、対人ではかなり高度な立ち回りが要求される」クラスとなります。

ウォリアー画像3

基本的に接近クラスは遠距離攻撃を持つレンジャー等のクラスが相手だとかなり不利になってしまいますので、シールドを使って上手に防御する技術も必要となってきます。

さらにシールドで防御ばかりしているとシールドが壊れてしまい、防御力がガタ落ちするので適度な回避も必要になってきます。

また、シールド持っているのでタンクの真似も出来るか?と思いますが、前述通りにシールドは耐久力があるので長時間の攻撃に耐えれません。

そもそも黒い砂漠のゲームの仕様上、タンク役があまり重要・必要ではなく、実際にやってみてもあっという間に蒸発してしまいます。

ウォーリアーの覚醒武器「大剣」

ウォーリアーの覚醒武器「大剣」

ウォーリアーはレベル56になると、闇の精霊から覚醒クエスト「新しい武器」を受ける事ができるようになり、クエストをクリアして覚醒すると身の丈ほどもある大きな剣「大剣」が使えるようになります。

片手剣と盾という攻撃と防御のバランスが取れた戦闘スタイルからは一変し、大剣を振り回して攻撃に特化した豪快な戦いができるようになります(大剣が使えるようになると片手剣と盾はもう使えなくなる、と言う事は無いのでご安心いただきたい)。

大剣は何よりも攻撃範囲の広さと攻撃力が高いスキルが揃っており、敵をバッタバッタとなぎ倒す超火力アタッカーと化します。

片手剣と盾を装備しないと使えないスキルは使用不可となりますが、大剣用のスキルが新しく習得する事ができますので、これまでのウォーリアーの戦闘スタイルからは大きく差別化されています。

ウォーリアーのオススメスキル

トワイライトスカー

ウォリアー画像5

黒いオーラを纏って前方の敵に連続で攻撃する広範囲スキルであり、「トワイライトスカー無しのウォーリアーに価値は無い」と言っても過言ではない、ウォーリアーの超主力スキルです。

広範囲を攻撃できるだけでなく、威力も非常に高い上に、

・打撃時は100%クリティカル
・スキル発動時に自分の全ての防御力が増加
・クールタイムが10秒
・最後の攻撃が終わったら出血ダメージが27秒も続く
・発動前の硬直も防御状態

という性能、威力、敵へのデバフを全て見ても最強のスキルであり、ウォーリアーをレベル37まで上げたら他のスキルを見ないで迷わずに習得するべきスキルです。

モンスター相手であれば破格の性能であり、プレイヤースキルがあればボスモンスターであってもこのスキルだけで余裕で勝利もおかしくないほどの超性能です。

PvPでも強烈なスキルですが、残念ながらモンスター相手と違ってPvP仕様では若干威力が低めです。

同時にPvPの熟練プレイヤーには最も警戒されるスキルであり、発動前に潰されたり、遠くに逃げられて回避されたりする事もあるため、発動タイミングには注意しましょう。

なお、ウォーリアーの覚醒武器「大剣」を使っていても発動可能なため、大剣を装備してもバリバリ運用していく事ができるスキルです。

スマッシュラッシュ

ウォリアー画像8

前方の敵に強攻撃を行うスキルであり、攻撃範囲はやや広めです。

モンスターを相手に攻撃を当てると敵が回転する効果がありますが、プレイヤーにはこの効果が適用されないのが残念な所であり、後述でも触れますがこのスキルを上げ続けるべきか検討される所です。

レベルを上げると威力が上がり、最大攻撃可能回数も増えていき、さらに出血ダメージもより強力になっていくものの、ウォーリアーであれば覚えたいスキル1位のトワイライトスカーを習得すると出番は途端に減ってしまうことが多いです。

トワイライトスカーを覚えるまでの繋ぎ、トワイライトスカーを覚えた後にスカーでトドメを刺しきれなかった相手、こぼした相手にダメ押しする時等に使っていく事になります。

スキルレベルを極まで上げると、スマッシュラッシュの攻撃一回につき、最大HPの0.1%分のHPを回復する事ができるようになります。

しかし、0.1%と言えば最大HPが2000あっても2しか回復せず、かつ貴重なスキルポイントを40も消費しなければなりませんので、ハッキリ言って極まで上げる必要があるかどうか?

そもそもトワイライトスカーを習得する事を視野に含めると、スマッシュラッシュをどこまで上げるか要検討する必要があります。

また、スマッシュラッシュの関連スキルには「トワリングスマッシュ」、「ラピッドスマッシュ」がありますが、上記の内容からあまり育てる必要が無い事と、現状ではかなり微妙な性能なため習得するのは疑問が残ります。

防御姿勢

ウォリアー画像6

シールドを利用して敵の攻撃を防御、さらに防御姿勢中に前後移動が可能なウォーリアーの代表的かつ最強のスキルでもあります。

ウォーリアーのシールドは正面からの攻撃をガードする事が出来て、防御中は防御力も上がり、後退時に攻撃を受けると自動発動、そしてシールドでの防御成功時には全体闘志の25%を回復するなど攻防一体のスキルでもあるのです。

これほど万能なウォーリアーの防御姿勢ですが、シールドには耐久力があるためにずっと防御していられるわけではなく、攻撃を受け続けるとシールドが破られてしまいます。

そのため、ギリギリまで粘るよりもキリのよいタイミングで回避移動に繋げるなど、ウォーリアーを使っていく上で必要な技術が求められます。

また、前方180度をガードする事が出来ますが、背後からの攻撃やキャッチはガードする事が出来ませんので、PvP等ではジャイアントやウォーリアーのキャッチと背後からの横槍に注意しましょう。

下手にごり押しするよりもシールドで防御をしつつ、隙を見て敵を攻撃する事ができればボスモンスターであってもソロで撃破する事も不可能ではありません。

回避移動

任意の方向に緊急回避を行うスキル。回避中には無敵判定があるため、敵やプレイヤーの範囲攻撃を避けるのに有効なスキルです。

また、ウォーリアーは盾で防御する事ができるのですが、盾には耐久力があるためずっと盾で守りに徹することができません。

そのため、適度な回避移動も自然と必要になってくるので、回避もしっかりとプレイヤースキルとして習得すべきです。

また、回避移動時はスタミナを消耗しますが、FPが+10回復します。

押し蹴り

敵を2回押し蹴りするシンプルなスキル。威力に欠けるものの、スキル成功時にバウンドの効果とFP回復効果、命中アップのバフが発生します。

モンスター相手に転ばせていくと優勢に立ち回ることが可能であり、PvPでも牽制技としてオススメなスキルでもあります。

スキルレベルを上げていくとダメージが増加するだけでなく命中力や、押し蹴り成功時に得られる闘志の量も増えていきます。

極までレベルを上げると全ての攻撃動作等で押し蹴りをすぐに使用できるよになり、攻撃 → 押し蹴り → 攻撃 → 押し蹴りのループを決める事ができるようになります。

モンスター戦でもPvPでも使っていけるスキルの一つではありますが、威力も低めな上に横への攻撃範囲が狭いです。

左右に移動される事が多いPvPでは別のスキルで動きを止めたりしてから出ないと中々当てる事ができませんので、PvPで押し蹴りを使っていくのであれば要練習です。

突進突き

ウォリアー画像7

素早く前方に移動し、敵を剣で突き刺した後にキックで蹴り飛ばす荒々しい突進攻撃技です。

しかし、実際にはダメージ目的よりも突進突きの移動距離と機動力を活かして敵の技を避けたり、前方にいる敵との距離を一気に詰めるための移動技として使われる事が多いです。

また、移動中はスタミナを消費しないため、敵の集団から集団へ移動するときは、走って移動するよりもこの突進突きで移動したほうが良い事もあります。

スキルランクを最大まで上げると移動距離が30%増加、さらに移動中がガード状態になるため潰されにくくなり、さらに最大HP5%の追加ダメージも与えられるようになりますが、ここまで上げるかはプレイヤーのお好みです。

回転斬り

ウォリアー画像9

攻撃範囲や威力、その他の性能がぶっ壊れ気味なトワイライトスカーですが、クールタイムが10秒ほどありますので、そのCT中の繋ぎとしてオススメのスキルがこの回転切りです。

横回転なイメージがあるかもしれませんが、実際には袈裟斬りに近く、見た目が地味(トワイライトスカーが派手すぎるからか)なせいで単体攻撃っぽく見えますが、複数の敵を攻撃する事ができる範囲攻撃スキルとなっております。

スキルレベルが上がっていくと威力と命中力が上がり、同時に攻撃できる敵の数が増えて発動の詠唱時間も短縮され、最終的には最大HPの5%を追加ダメージを得られます。

そして、闇の精霊の怒りを消費すれば威力が上がり、範囲も広くなるため、トワイライトスカーに負けず劣らずの性能になります。

トワイライトスカーだけでもある程度立ち回れるウォーリアーですが、あともう一手欲しいと思ったらこの回転切りがオススメです。

フィットネス

習得するたびに最大HPが+10され、物理防御力、遠距離防御力、魔法防御力が順番に上がっていくパッシブスキル。

ウォーリアーは近接職なのでダメージを受ける機会が多く、防御力のいずれも必要となってきます。

さらに最大HPが+10されるので生存能力が上がるだけでなく、上記にある回転切り、突進突きの「最大HPの5%を追加ダメージ」とも相性が良く、回転切りの火力アップにも繋がります。

トワイワイトスカーの次に使う機会が多いとされる回転切りの火力アップと防御力とHP上昇効果で一石三鳥が狙えます。

グラウンドスマッシュ

ウォリアー画像10

地面を強く叩いて、広範囲の敵を攻撃する範囲攻撃スキルであり、攻撃が当たった敵をダウンさせます。

プレイヤーの背後の敵を攻撃する事もできる範囲攻撃ですが、出が少し遅いので潰されないように注意が必要です。

敵を集めてグラウンドスマッシュでダウンさせてからトワイライトスカーで追撃すると一気に敵を殲滅する事も可能ですが、集めすぎて発動前に潰されたりしないように集める敵の数を調整しましょう。

スキルレベルが上がるとダメージと命中力が増加し、10秒間移動速度をダウンさせる効果が付きます。

また、スキルレベルが4になると最大HPの10%の追加ダメージと移動速度が40%ダウンの効果も付きます。

キャッチ&スロー

前方の敵を掴んで地面に叩きつけ、その際の衝撃波にも攻撃判定とバウンド効果があるウォーリアーの投げ技。

掴み技なので判定が小さいかと思いきや、判定が大きいのか少し前方の敵を余裕で掴みます。

PvPでは近接のウォーリアー同士でこの技を掛け合う事が多いため、その光景はもはやプロレスとも言える。

特に掴んで叩きつけからの衝撃波のバウンド効果はモンスター相手なら動きを封じ込め、狩場によってはトワイライトスカーよりも出番があるかもしれないほどです。

スキルレベルを上げると威力と範囲が広がりますが、このスキルのレベルを上げるのはプレイヤーの好みに影響されるのが大きいかもしれません。

なお、発動後5秒間ほど命中が-5されるデバフがあるので要注意。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社