QムービーTOP > ゲーム > ダークソウル > ダークソウル3

ダークソウル3 黒騎士の大斧の性能と立ち回り

黒騎士の大斧とは武器種「大斧」の武器です。

黒騎士の大斧は今のところダークソウルシリーズ全てのシリーズに登場しているシリーズおなじみの武器となっています。

まずはこの武器がどのような設定の武器か知るために武器説明文を見ていきましょう。

武器説明文

世界をさまよう黒騎士たちの大斧

混沌のデーモンと対峙するための武器

自らよりも大きな敵と戦い続けた故だろうか

独特の攻撃は、敵の強靭度を削りやすい

戦技は「ウォークライ

雄叫びにより自らを鼓舞し

一時的に攻撃力を上げる

武器説明文を読む限りですと、混沌のデーモンに対して強い効果がありそうですね。

実際この武器はデーモン系の敵に対して攻撃するとダメージが上がる効果があります。

強靭の削りやすさについては大斧武器自体がかなり強靭を削れる攻撃を持っている武器ですので、それほど嬉しい効果ではないのかもしれません。

次にこの黒騎士の大斧の大まかな性能を書いていきます。

黒騎士の大斧の性能

・重量:19.5

・初期物理攻撃力:201

・必要能力値:筋力36、技量18

・戦技:ウォークライ

さすがは大型武器と言った性能ですね。必要筋力値は36も必要であり、技量も意外と高い18も必要となっています。

この必要技量値18という数値は大斧の中でも一番の高さになります。デーモンと戦うための武器ということで高い技量が要求されるのでしょうかね。

武器の重量は19.5とかなりの重さを持っており、この重さならば必要筋力値が高いのも納得です。

戦技【ウォークライ】

発動後15秒程攻撃力を上昇させる効果がある戦技です。また、この戦技は効果時間中にR2のモーションが変わるという特徴を持っています。

黒騎士の大斧以外にも同じ戦技を持っている武器がありますが、同じ戦技を持っている武器でもこのR2のモーションの変化はそれぞれの武器で違うので注意が必要です。

ダークソウル3 攻略wiki」はこちらへ

黒騎士の大斧の入手方法

09183-darksouls3_thumbnail

黒騎士の大斧について大まかに書きましたが、この黒騎士の大斧はどこで手に入れることが出来るのかを書いていきます。

入手方法は大斧を持った黒騎士が稀にドロップするので欲しい場合は大斧を持った黒騎士を狩りましょう。

大斧を持った黒騎士の出現エリアは「燻りの湖」や「無縁墓地」となります。中盤に手に入れたいのであれば「燻りの湖」で手に入れましょう。

楽にマラソンしたいのであれば「無縁墓地」で手に入れましょう。

ダークソウル3 攻略wiki」はこちらへ

黒騎士の大斧を使う上でのステ振り

黒騎士の大斧は必要筋力値がとても高くと必要技量値もそれなりに高いので上質ステータスがおすすめです。

上質ステータスとしての基本は筋力と技量を40まで上げることなのですが、この武器を片手でも扱えるようにする場合には筋力はすでに36まで上がっているので40まで上げるのはすぐに上げることが出来ます。

ならばついでに、能力補正に技量もあるので攻撃力を確保するために、技量も40まで上げてしまった方がいいでしょう。

片手持ちで使うつもりが無い人でも・・・

パリィを狙いたいときに片手で武器を振れないと言うのはちょっと汎用性に乏しいので、出来ることならば片手でも黒騎士の大斧を振れるようにしておいたほうがいいです。

また、黒騎士の大斧の片手持ちR1は攻撃範囲が広いため、攻略で黒騎士の大斧を使おうと思っているならば尚のこと片手持ちで武器を振れるようにした方がいいでしょう。

あと必要なステータスとしては、生命力と持久力と体力でしょう。特に持久力と体力は人それぞれで結構変わると思います。

大斧は攻撃時のスタミナ消費がとても多く、スタミナが低いうちは武器を2回振ったらスタミナが無くなっているということも発生します。

そのため、まともに使うつもりならば2回攻撃した後に回避行動が取れる程度のスタミナは必須になるでしょう。

体力は、黒騎士の大斧の重量が重いため、振らざるを得ないでしょう。防具をつけないというのならば話は別ですが最低限の防具を装備したいのであれば多少は体力に振って最大装備重量を確保したほうがいいと思います。

戦技はそれほど使わないので集中力によるFP確保はほとんど必要ないです。

ダークソウル3 攻略wiki」はこちらへ

黒騎士の大斧を使用する際の立ち回り

黒騎士の大斧について色々と書いてきましたが、ここではこの武器を使用する際のおすすめの立ち回りを、攻略時の立ち回りと対人時の立ち回りの2つに分けて書いていきます。

攻略時の立ち回り

敵の数が1体のときは両手持ちをして、その攻撃力の高さを活かして素早く敵を処理しましょう。

敵が複数いて巻き込みたい場合には片手持ちのR1攻撃がおすすめです。ある程度の攻撃リーチと攻撃範囲を持っており、スタミナ消費の高さに目をつぶれば簡単に複数の敵に攻撃を当てることが出来ます。

慣れないうちはスタミナ管理を失敗しやすいので、自分のスタミナと相談して攻撃頻度を決めましょう。

攻略では戦技はそれほど必要な場面がありません。気晴らしにR2の攻撃モーションを変えて遊んでみたりするといいのではないでしょうか。

対人戦での立ち回り

これは大型の武器全部に言えることですが、なるべく後出しで攻撃を出した方が大型武器は強いです。

何故かと言うと大型武器の攻撃モーションには強靭度があり、敵に攻撃を受けても怯まない状態になれるからです。

この強靭を利用して、敵の攻撃を受けつつカウンターで敵に攻撃を当てると大型武器の高い攻撃力と合わさってかなりのダメージを与えることが出来ます。

逆に自分から攻撃を仕掛けていくと攻撃後の隙に合わせて攻撃されることが多々あり、ダメージレースに負けてしまいます。

1対1の対人戦

基本的には両手持ちで戦うことをおすすめします。

理由としては黒騎士の大斧の両手持ちR1攻撃と両手持ちR2攻撃はパリィが出来ないからです。

パリィをされないというだけで相手が隙を作り出しているところに強気で攻撃を振っていけます。

これがパリィされる攻撃モーションですと隙に見えてそこに攻撃したらパリィされるといったことも起きるので、パリィされない攻撃というのはそれだけでかなりのメリットとなります。

ただし、相手もそれを分かった上で立ち回ってくるので自分が攻撃をして隙を生み出すまでは中々攻撃してこないという相手もいるでしょう。

そういった相手には両手持ちR1攻撃を一回だけ見せて即片手持ちに切り替えて左手装備でパリィを狙うといいと思います。

こうすると刺剣のようなある程度のリーチと素早い攻撃を持つ武器以外は攻撃後の隙を攻撃することも躊躇う様になります。

ですので、基本的には両手持ちで立ち回りますが、左手装備には小盾やセスタスなどのパリィ用装備を装備しておくことをおすすめします。

その際に左手に持つ装備には装備しているだけでHPやFPの回復効果を受けれる祝福派生や愚者派生をしておくといいでしょう。

黒騎士の大斧の強みは後出しでの攻撃ですが、弱みとしては後出しで攻撃されることにあります。

特に自分よりリーチの長い槍系の武器やある程度のリーチと素早い攻撃を両立した武器に後出し攻撃を狙われると厳しい戦いになります。

理想としてはスタミナ管理をしっかりとして相手の後出し攻撃に合わせてさらにこちらも後出しで相打ちを狙うといいのですが、失敗するとさらに攻撃を受けることになります。

相手が徹底して攻撃してこないようであれば、大人しく別の武器を装備するという選択肢を選んだ方がいいかもしれません。

戦技

対人ではたまに使うくらいでいいと思います。

効果時間は短いですがR2攻撃モーションの変化で相手の虚をつけることもあるので使わないという選択肢はありませんが、頻繁に使うような性能でもありません。

ただし、複数の相手と戦うときには戦技【ウォークライ】中のR2攻撃はかなり有効な場面もありますので、有効な場面を考えて戦技を使っていきましょう。

黒騎士の大斧はレギュレーションVer1.07で若干攻撃力を下げられているため、今後修正される可能性は低いでしょう。

自分の使っている武器が修正されるのが嫌な方はそういった修正されなさそうな武器を使い込むのもいいと思います。

ダークソウル3 攻略wiki」はこちらへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社