QムービーTOP > ゲーム > グラブル

グラブル ミラの評価と運用

ジャミルはSRの火属性に該当するキャラクターです。「テイルズオコラボ」におけるゲスト参加キャラクターで、条件次第では入手が難しくなってしまうこともあるので、注意しましょう。

他のコラボキャラクターの中ではサポートに寄ったステータスと言えます。その理由は累積攻撃を強化するアビリティを持っており、味方の火力を大幅にアップさせる役割を担えるので、シンプルな形で活躍が期待できることから、そう分析されています。

奥義でも自身の攻撃力を上げられるので、総合的にアタッカーとして優秀だと言えます。短期決戦を狙うスタイルも強力な本作においては、貴重な人員となるでしょう。

手数で攻めるスタイルと、バフによるダメージ倍率変動を用いて、想像以上のダメージを出せるので、実際に運用してみて、その本来の実力がわかるタイプのキャラクターです。

ミラの基本ステータス

・レアリティ:SR

・属性:火

・最大ATK:5250

・最大HP:1030

・タイプ:攻撃

・得意武器:剣

・種族:不明

累積攻撃をアップさせるほか、自身の攻撃力をアップさせることもできるので、ひたすら動かしては攻撃に参加させるのが一番のキャラクターと言えます。

最大ATKも低くはないので、バフ効果による強化で充分に期待できる数字になるでしょう。

剣は豊富な種類があるので、地の攻撃力が低いミラは装備でリカバーしやすいのもポイントです。

奥義『スプリームエレメンツ』

・火属性の大ダメージを与えるもので、アビリティ「ハイアーザンスカイ」を使ったターンに使えば、追加で自分の攻撃力をアップすることもできます。

ミラのダメージ源かつ大事な追加効果を得られる奥義ですので、上手く使って攻撃力を底上げしてみましょう。

アビリティ1:ファイアボール

効果:敵単体に火属性のダメージを与えます。また、自身に4ターンの間攻撃力アップの効果を付随します。

これは累積も含まれており、5%も上がるのはなかなか大きなメリットです。

レベル55になると火属性ダメージ量がアップするほか、使用間隔が短くなります。ミラ自身の攻撃力も上がることから、シンプルなバフ手段として多用するべきでしょう。

使用間隔も3ターンと短めで、強化すれば2ターンで使えるようになります。

アビリティ2:レイジングサン

敵全体に火属性のダメージを与えます。また、味方全体のダブルアタックの確率を上昇させます。

味方のバフ効果を考えると、ミラで最も信頼できる能力と言えます。全体へのダメージも高く、頼りがいがあります。

使用間隔が8ターンと長めですが、レベル65にすれば1ターン短くなるので、まずはそこまで鍛えましょう。

性能も強化されるので、後から便利さを増していくタイプのアビリティです。

アビリティ3:ハイアーザンスカイ

レベル35で習得するもので、敵に火属性のダメージを与えつつ、自身の奥義ゲージを20%アップさせます。

使用間隔は7ターンでそれほど連発はできません。迂闊に使わないように、機を伺いましょう。

サポート:精霊の主

奥義を発動した後に自分の奥義ゲージを10%アップする効果を持ちます。奥義メインで戦う場合は重宝します。

「ファイアボール」が短いスパンで攻撃力アップを実行できるので、単純な火力と回転力は高い部類に位置します。

SRの中ではシンプルかつ強力な能力を持っているため、継続的にダメージを与え続けられるでしょう。

奥義ゲージを優先するパーティならば、奥義によるダメージはもちろん、「ハイアーザンスカイ」を覚えた後はさらなるバフも期待できます。

味方全体のダブルアタックを発生させやすくするのもミラの長所で、単体の火力が頼りなくとも、総合的なダメージ量を大きく上げることだってできます。

ボス戦などで強さを発揮する能力なので、他のキャラクターの攻撃力にも気を配って、火力の底上げを狙いましょう。

アビリティ自体のダメージや上限は低めに設定されているので、バフありきのステータスと言ってもいいでしょう。

装備や育成自体を徹底して、下地となる能力を上げてこそのバフ能力です。

グラブル 攻略Wiki」はこちら

ミラの上限解放素材

09202-granbluefantasy_thumbnail

上限解放1回目…炎の宝珠1個、業火の巻1個、赤の書2個、星晶の欠片1個、必要ルピ500。

上限解放2回目…紅蓮の宝珠1個、業火の巻2個、ファイア・ジーン1個、星晶塊1個、星晶の欠片2個、必要ルピ1000.

上限解放3回目…紅蓮の宝珠2個、星晶塊2個、赤竜鱗1個、コロッサスアニマ3個、ファイア・ジーン2個、必要ルピ2000。

上限解放4回目…虹星晶3個、栄光の証3個、コロッサスマグナアニマ3個、必要ルピ10000。

コロッサスのマグアアニマは他のマグナと一緒で、討伐戦などで得られます。貴重なアイテムですが、それなりに入手ルートが確定しているので、根気よく挑戦していきましょう。

栄光の証はトレジャー交換が手っ取り早く、蒼光の輝石40個と交換できます。ハイレベルマルチでもドロップできるので、こちらの方が早く得られることもあります。

プロトバハムート戦といったマルチバトルでもドロップできるので、入手先を絞って早めに集めてしまいましょう。

各種ジーンは集めやすいのですが、用途が多いため、いざミラを上限解放する際に手持ちがないことがないようにしたいものです。

フェイトエピソードはレベル35で「記憶に残る味?」が解禁されます。

グラブル 攻略Wiki」はこちら

ミラのおすすめ編成

ミラは攻撃力をアップさせる枠として重宝するので、同じような存在を入れておけば、常にバフ効果を期待できます。

スーテラは同じ火属性で、ダブルアタックの発生率をアップさせる能力を持っているので、交互で発動すれば、かなりの火力アップにつながります。

奥義ゲージが要となるキャラクターでもあるので、奥義メインとなるパーティに入れれば、その強さを発揮できるでしょう。

スーテラ

ミラと同じ性能のアビリティを持ち、ダブルアタックの発生率をアップできます。

重複できないので、交互に発動しては、パーティ全体の攻撃力を上げてみましょう。自分やミラ本人の攻撃力も上げられるようになるのがポイントです。

テレーズ

味方全体の奥義ゲージを増やすことが出来るので、奥義を使いやすく出来るのが特徴です。

ミラは奥義に追加効果を持つので、ハマれば短期間でパワーアップが重ねられるでしょう。

連続攻撃のアビリティを持っているので、単体での攻撃力が高いのもポイントです。

ダブルアタックはグラブル全体で肝となる攻撃手段で、ミラのように単体の攻撃力が低いキャラクターにとっては生命線となるものです。

確率をアップさせるだけでもかなり助かるので、能力が合致しているスーテラのようなキャラクターと組んで、手数で攻めるパーティにしてみると良いでしょう。

火属性のダメージ自体は程々のものなので、主力アタッカーというよりは、それらを支える枠にして、編成の基準にしてみましょう。

逆に単体で活躍できるキャラクターは、ダブルアタック以外でミラと組める場面が少ないので、噛み合わないタイプと組ませないようにしましょう。

パーティ一丸となって攻撃のリズムを合わせていくスタイルが良い編成のコツとなるでしょう。

グラブル 攻略Wiki」はこちら

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社