QムービーTOP > ゲーム > 任天堂 > ポケモンGO

ポケモンGO モンスターボールの投げ方のコツ

ポケモンの捕まえ方

ポケモンGOは位置情報を利用する事で住んでいる町などの現実世界を舞台に、ポケモンを捕まえたり、ジムでバトルしたりするといったポケモンの世界を体験できるゲームです。

従来のポケモンシリーズでは一般的に

1.モンスターボール等の捕獲アイテムを買う。

2.草むらなどで野生のポケモンを探す。

3.ポケモン同士戦わせて、ある程度弱らせてからモンスターボールで捕まえる。

という流れになっています。ポケモンGOでも同じように「ポケストップ」と呼ばれる名所などのスポットからモンスターボールを補充するか、またはショップで課金アイテムとして売られているモンスターボールを手に入れます。

そして現実世界を歩き回ってポケモンを探し、野性のポケモンが出てきたら画面でポケモンをタッチすればポケモンを捕まえる画面に入ります。

ただし、従来のシリーズと違う点として野生のポケモンとのポケモンバトルは無く、モンスターボールを投げるだけで捕まえる事ができると言う事です。

モンスターボールの基本的な投げ方

09309-pokemongo_thumbnail

モンスターボールを投げるには当然モンスターボールは必要ですので、もし残量が無かったり、少なくなってきているときは早めにポケストップで補充しておきましょう。

ポケモンバトルが無いのでモンスターボールを投げるだけでサクサク捕まえる事ができますが、CPが高いポケモンほど素直に捕まってくれず、何度かモンスターボールを投げる事になります。

そのため、モンスターボールの数は常に30個以上をキープしておく事で「肝心な時にモンスターボールが0になった!」という事態を避けることが出来ます。

ましてやレアなポケモンが出た時にモンスターボールが無かったという事態になると非常に悔しいです。

モンスターボールの投げ方(操作方法)

モンスターボールの投げ方はスワイプ操作となっております。モンスターボールをタッチしたままポケモンに向かってスワイプすることでモンスターボールを投げます。

そして、投げたモンスターボールがポケモンに当たればポケモンゲット!とはならず、しばらくポケモンがゲットされる事に抵抗をしてしまい、場合によってはモンスターボールからポケモンが出てきてしまう事があります。

その時は慌てずにもう一度モンスターボールを投げつけてゲットを試みましょう。投げつけたモンスターボールは3回ほどグリグリ動き、最後の3回目の後に「カチッ」という音がすればゲット成功となります。

初めはスワイプ操作で投げるのが慣れないかもしれませんが、何度か投げていればコツは自然とつかめますので、ただ投げるだけであれば難しく考える事はありません。

あれ?上手く飛ばない…

モンスターボールをスワイプして投げるときは勢いよく投げないといけません。

スワイプがゆっくりだと手前のほうに転がってしまう程度の飛距離であるため、奥にいるポケモンには当たりません。

また、転がっていったモンスターボールやワンバウンドしたのがポケモンに当たってもゲットしたことにはなりません。

当たった時のモンスターボールの勢い等はゲット成功率等には関わりませんので、モンスターボールを勢いよく(画面上部まで)スワイプしてポケモンに投げつけましょう。

特に難しいのがズバットであり、小さい上に空を常に飛んでいる状態であるため、距離感が掴みにくいのが厄介なポケモンです。

コツとしては一度思いっきりモンスターボールを投げて距離感を掴めば、一回で捕まえる事ができなくても再度モンスターボールを投げやすくなります。

ARモードはオフに

ポケモンが現実世界にいるような画面にする「ARモード」ですが、これは切っておく事をオススメします。

ARモードがオンだとポケモンが狙いにくくなってしまいます。この機能は面白い位置にいるポケモンやレアなポケモンが出た時にカメラで撮影するぐらいに使いましょう。

ARモードをオフにしておく事で、ポケモンが常に中央にいる状態になりますので、オンの時よりも捕まえやすくなります。

ARモードを「オン・オフ」にするやり方は、ポケモンが出ている時に右上のARをタッチするとオン・オフを切り替えることが出来ます。

当たったのに捕まえれなかったよ?

ポケモンも素直に捕まってくれるほど甘くはありません。ポケモンから鳴き声がした時にこちらを攻撃するような行動を取ります(こっちにダメージが入ったりする訳ではない)。

その時にポケモンボールがポケモンに当たってもゲットしたことにはならなくなってしまいます。

特にCPが高いポケモンほど攻撃行動を取りやすく、モンスタボールが良い感じに飛んでいっても攻撃で弾かれてしまいやすくなります。

その時は落ち着いて次のボールを投げる準備をしておきましょう。特に攻撃直後であればまたすぐに攻撃行動を取ることはありませんので、チャンスを逃さずにボールを投げましょう。

モンスターボールのテクニカルな投げ方

カーブスロー

モンスターボールをタッチしたまま円を描くように指を動かすとモンスターボールがグルグル回り始めます。

そしてグルグル回っている状態のモンスターボールを投げるとボールにカーブがかかるようになります。

そしてこの状態でポケモンを捕まえる事ができればポケモンゲット時の経験値に加えて「カーブボール」ボーナスとして+10XPが入ります。

ただし、モンスターボールにカーブをかけていると真っ直ぐに投げても狙い通り飛んで行かないので、45度ぐらいの斜め方向に投げると中央に吸い込まれるように飛んで行きます。

コツをつかむまでは難しいですが、上手く決まればボーナスで経験値が10入りますので、たかが10の経験値でも「塵も積もれば山となる」のです。

ただし、無理にカーブスロー狙いすぎてモンスターボールを無駄に消耗してしまうぐらいでしたら、素直に真っ直ぐ投げつけた事が良いときもあります。

特にズバットや遠くにいる状態のポケモンを捕まえるときはカーブスローが非常に決めにくい事があります。

ナイス・グレート・エクセレントスロー

ポケモンを捕まえる時に白い円が出てきますが、この円に向かってボールを投げつける事ができればポケモンにモンスターボールがヒットして、ゲット判定に入ります。

なお、その時に白い円とは別に縮小を繰り返す色付きの縁がありますが、この色付きの円に向かってモンスターボールをなげるとポケモンゲット時にさらにボーナスが入ります。

それがナイススロー、グレートスロー、エクセレントスローボーナスと呼ばれる投げ方となっています。

ナイススローは+10XP、グレートスローは50XP、エクセレントスローだと100XPも追加ボーナスで入るため、大量の経験値をゲットする事が出来ます。

色付きの円が小さい時に色付きの円にモンスターボールがヒットすれば、スローボーナスが入りますが、小さな色付き円ほど勿論ですが狙うのは難しくなってきます。

エクセレントスローを狙うのが難しい!

目安として白い円の半分の大きさであればグレートスロー、再縮小前の最も小さな円の状態のときにヒットさせればエクセレントスローになります。

しかし、操作に慣れているプレイヤーでもエクセレントスローは難しく、ポケモンの攻撃タイミングの関係もあるため非常に狙いにくいです。

さらにしっかりとエクセレント判定になってもポケモンがモンスターボールから逃げ出すとスローボーナスが無効になってしまいます。

ただし、再度投げつけてスローボーナスの有効判定が出ればスローボーナスは入ります(例として最初に投げたスローボーナスがエクセレントだが脱出される→次に投げたのがグレートであり、ポケモンをゲットできたなら判定はグレートスローボーナスが入る)。

そのため、エクセレント判定は高い経験値が得られるが、判定が非常に小さい時に狙うのは非常に難しいので、無理せずグレートスローを狙うのも手です。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社