QムービーTOP > ゲーム > シャドウバース

シャドウバース 初心者の心得~ゲームの進め方とおすすめデッキ~

この記事ではシャドウバース初心者の方に向けた、ゲームの進め方やデッキの作り方などをまとめてみました。

何から手をつけていいかわからない人はぜひぜひ参考にしてみてください!!

初心者の方がまずやるべきこと

09392-shadowverse_thumbnail

①チュートリアルを進めよう

まずは、チュートリアルを終わらせゲームに慣れることが先決である。

ストーリーを楽しみつつルールを覚えていこう。

②ストーリーを進めよう

ソロプレイ内にあるメインストーリーでは、各キャラクターのストーリーをプレイできる。

シャドウバースでは、各クラスによりデッキの特徴があり、戦術が個々のクラスで変わってくる。

各クラスの特徴や戦術を掴む為には、ストーリーモードのコンプリートは必須である。

また、1章をクリアする度に報酬が得られ、特に6章クリア後には優秀なカードがゲットできる。

6章クリア後にゲットできるカードは、今後デッキ構成をしていく上で重要なカードであり、無課金にて必ずゲットできる為、必ずクリアしておこう。

③対人戦を行い、自分に合ったクラスを見つけよう

各クラスのメインストーリーをクリアすることで、各クラスの特徴は掴めただろう。

スートーリーモードは、あくまで相手がCPUでありデッキ構成もニュートラルである。対人戦となると、デッキ構成も戦術もCPU相手より格段にレベルアップする。

多くの対人戦をこなしていき、自分に合ったクラスや戦術を学んでいこう。

④ガチャを引いてみよう

チュートリアル、メインストーリーをクリアすることでカードパックチケットがもらえる。

その他、アカウントを連携にすることによりカードパックチケットが1つもらえる。1パックにつき10枚のカードが入っており、連続で開封することも可能である。

⑤デッキを構成する上での注意点

シャドーバースでは、クラスによりカードが指定されているため、クラス指定されているカードは他のクラスでは使用出来ない。

ニュートラルクラスのみはすべてのクラスにて使用可能であるが、デッキ構成にもよるが重要度が低いものが多い。

ガチャを引くことにより多くのカードが得られるが自分の目当てにしていたクラスのカードが得られるとは限らない。

しかし、シャドウバースではミッションの報酬やカードを分解することでレッドーエーテルというポイントが得られ、レジェントカードとも交換することが可能である。

よって、無課金であってもすべてのカードを集めることが可能である。(無課金でのコンプリートは多くの時間が必要)

序盤においてはガチャで手元にあるカードを軸にデッキ構成を行っていく or 手元にあるカードを分解しレッドエーテルに変換しカードを作成しながら自分の好みのデッキを作成していくかの2択であると考える。

ガチャで引いたカードに同クラスのレジェンドカード2枚以上もしくは自分が今後やっていきたいクラスのキーカード4枚以上(目安)がある場合を除き、リセマラを行うほうが効率が良いと思われる。

⑥強力なデッキを1つ構成しよう

まずは、複数のデッキ構成を行っていくのでは無く、自分の軸となる強力なデッキを1つ構成していこう。

複数のデッキ構成をおすすめしない理由として、シャドーバースではレジェンドカードの有無で戦況が変わることは少なく、ゴールド・シルバーカードのみの構成でもデッキ構成により勝率が格段に上がる。

強力なデッキを1つ持っているだけで、Bランクまでは5割以上の勝率を収めることが可能である。

デッキの相性により、勝率が上がらないことも多くあるが攻略サイト等のデッキ構成を参考にしつつ、多くの対人戦を繰り返すことで苦手な相手にも粘り勝てるオリジナルデッキを構成していくことがシャドウバースの醍醐味といえよう。

ランクマッチ(対人戦)を行う上でやはり「勝たなくては面白くない!」と思われるので、軸となる強力なデッキ構成し目指し進めていこう。

デッキスタイルとは?

デッキスタイルとは、同じクラスによってもデッキ構成によりプレイスタイルが異なる。

例えばウィッチクラスにおいて代表的な秘術ウィッチとスペルウィッチがある。秘術ウィッチは、土の印を消費しバフを得ながら相手の攻撃に耐えていくスタイルである。

スペルウィッチは、他のスペルを使用すると効果が増していく効果を活用し、一気に相手を
倒すスタイルである。

以上のように、同じクラスにおいてもスタイル(デッキ構成)により戦術が異なり、クラスの中でも多くのスタイルがある。

初心者おすすめのクラスとデッキタイプ

フェイスロイヤル

ロイヤルは、フォロワー(※1)を多く並べて序盤から戦いを有利に進めていくことが可能ある。

低コストのフォロワーが多く序盤から場に多くのフォロワーを並べ相手を圧倒するスタイルである。

低コストフォロワーであるため、素の状態では攻撃力・体力共に低い状態であるが、バフ(※2)を持ったフォロワーによりバフが付与されることにより攻撃力や体力を上昇させることが可能である。

簡単に述べると、多くのフォロワーを強化しつつフェイス(※3)を序盤から叩く即効型である。

上級者との対戦においても、序盤から有利の状況を作り上げることで勝つことが可能である。逆に長期戦となると、相手のスタイルにはまり勝ちにくいクラスである。

また、フェイスロイヤルデッキを構成する上でキーカードを作成するコストが低いことが一番の利点である。

始めたばかりでは、手持ちカードも少なくカードを多く分解できず、レッドエーテルの所持数も少ない状態であるが、レアリティブロンズカードを中心に構成を行えるため簡単にデッキ構成が可能である。

※1攻撃力と体力を持ち攻撃できるカード)
※2バフとは攻撃力や体力を上昇させる効果。基本性能の上昇の他「守護」「疾走」を付与する効果もある)
※3リーダーのこと)

フェイスロイヤルデッキのキーカード

クイックブレーダー

(レアリティ:ブロンズ、コスト1、攻撃力1・体力1、疾走、兵士)【必要枚数3】

 →コストが1であり疾走(※4)を持っているため、1ターン目からフェイスを叩くことが可能である。

 先手必勝のフェイスロイヤルに必須のカードである。(※4場に出たターンから行動できる能力)

ヴァンガード

(レアリティ:ブロンズ、コスト1、攻撃力1・体力1、兵士)【必要枚数3】

 →クイックブレーダー同様低コストで疾走を持っていないも、序盤に攻撃を仕掛ける要となるカードである。

歴戦のランサー

(レアリティ:ブロンズ、コスト2、攻撃力2・体力2、守護)【必要枚数3】

 →コストが低く守護(※5)を持っているため、序盤に場に出したカードを守ることが可能。

序盤からフェイスをたたき続ける為には、場に多くのフォロワーが出ていなければならず、フォロワーの壁となる重要なカードである。

(※5相手は守護を持っているフォロワーのみしか攻撃することができず、倒されるまで維持される)

フェンサー

(レアリティ:ブロンズ、コスト2、攻撃力2・体力2、ファンファーレ 自分の兵士・フォロワー1体を+1/+1する、指揮官)【必要枚数3】

 →自分の兵士フォロワー1体の攻撃力と体力を+1するファンファーレを所持。場の兵士フォロワーの攻撃力を増加させることで早い段階でフェイスを削ることができる。

ホワイトジェネラル

(レアリティ:ブロンズ、コスト4、攻撃力3・体力3、ファンファーレ 自分の兵士・フォロワー1体を+1/+0する、指揮官)【必要枚数2】

 →フェンサー同様、兵士フォロワーを強化するファンファーレを所持。攻撃力を+2することにより、更に多くのフェイスを削ることが可能。

フローラルフェンサー

(レアリティ:シルバー、コスト4、攻撃力3・体力4、進化時 スティールナイト1体とナイト1体を出す、兵士)【必要枚数3】

 →フォロワー自信の性能は低いものの進化をすることで、スティールナイト(攻撃力2・体力2)とナイト(攻撃力1・体力1)を召喚することができる。場のフォロワーが鍵を握るフェイスロイヤルに必須となるカード。

また、他のデッキ攻勢でも使用する機会が多く、ロイヤルのストーリー6章でのクリア報酬であるため、フェイスロイヤルをやる場合は、必ずストーリーはクリアしておこう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社