QムービーTOP > ゲーム > シャドウバース

シャドウバース ビショップの戦い方とデッキレシピ

ビショップは基本的に守りが強いデッキが多いです。フォロワーや、自分自身の回復などに特化しています。

また、デッキのスピードが遅く、勝つまでに時間がかかりやすいのも特徴的です。

そんなビショップには様々なデッキが存在しています。

ビショップのデッキタイプ

カウントビショップ

陽光サタンデッキ

疾走ビショップ

冥府ビショップ

レリアビショップ

などのデッキの種類が存在しています。具体的なデッキレシピ等はこの後紹介ようと思います。

また、「漆黒の法典」や「鉄鎚の僧侶」、「テミスの審判」、「詠唱・聖なる願い」 は基本的に必須なので必ずいれましょう。

さっそくですが、人気のありそうなデッキレシピをいくつか紹介しようと思います。

陽光サタンデッキ(コントロールビショップ)

09401-shadowverse_thumbnail

フォロワー

・ベルエンジェル      ×2枚 コスト2
・マイニュ         ×3枚 コスト2
・教会の護り手       ×3枚 コスト3
・プリズムプリースト    ×2枚 コスト3
・鉄槌の僧侶        ×3枚 コスト4
・クレリックランサー    ×3枚 コスト5
・ゴブリンマウントデーモン ×2枚 コスト5
・大修道女         ×2枚 コスト7
・ジャンヌダルク      ×2枚 コスト8
・ルシフェル        ×2枚 コスト8
・サタン          ×2枚 コスト10

スぺル

・漆黒の法典     ×3枚 コスト2
・ダークオファリング ×1枚 コスト4
・エクスキューション ×2枚 コスト5
・テミスの審判    ×3枚 コスト6

アミュレット

・詠唱・聖なる願い  ×3枚 コスト1
・守護の陽光     ×2枚 コスト2

「守護の陽光」で守護フォロワーを並べながら耐え抜き、最後に「サタン」で勝ちに行くデッキです。

中盤では「鉄槌の僧侶」や「テミスの審判」などの優秀な除去カードで除去していきましょう。

また、「スネークプリースト」や「破邪の光」、「光輝ドラゴン」などを入れても面白いかもしれません。

疾走ビショップ

フォロワー

・マイニュ      ×3枚 コスト2
・教会の護り手    ×3枚 コスト3
・プリズムプリースト ×2枚 コスト3
・鉄槌の僧侶     ×3枚 コスト4
・クレリックランサー ×3枚 コスト5
・ムーンアルミラージ ×3枚 コスト6
・ギルガメッシュ   ×2枚 コスト8

スペル

・気高き教理     ×2枚 コスト2
・漆黒の法典     ×3枚 コスト2
・テミスの審判    ×3枚 コスト6

アミュレット

・詠唱・聖なる願い  ×3枚 コスト1
・詠唱・聖獣への誓い ×3枚 コスト2
・詠唱・神域への守護者×3枚 コスト2
・詠唱・神島の呼び笛 ×3枚 コスト3

疾走を持つフォロワーが多めのデッキ。フィニッシャーにもなります。ビショップの中でもデッキスピードが速いデッキになります。

「ギルガメッシュ」を採用しているが、ビショップに入れている人が少ないため警戒されにくく、意外と相手に刺さることが多いです。

このデッキでも「テミスの審判」など優秀な除去カードを駆使しつつアミュレットから出るフォロワーで殴り、「ギルガメッシュ」によるフィニッシュを狙いましょう。

守護持ちフォロワーも入っているためアグロ型(早いデッキ)に対してもどうにかなる場面が多くなるでしょう。

また、「ガブリエル」などを入れてもフィニッシャーが多くなり、強いかもしれません。
お好みで「スネークプリースト」、「破邪の光」などを組み込みましょう。

カウントビショップ

フォロワー

・スネークプリースト ×3枚 コスト2
・マイニュ      ×3枚 コスト2
・見習いシスター   ×3枚 コスト3
・鉄槌の僧侶     ×3枚 コスト4
・ムーンアルミラージ ×1枚 コスト6
・スカルフェイン   ×2枚 コスト7

スペル

・気高き教理     ×3枚 コスト2
・漆黒の法典     ×3枚 コスト2
・治療の祈り     ×2枚 コスト3
・ダークオファリング ×2枚 コスト4
・テミスの審判    ×1枚 コスト6

アミュレット

・詠唱・天馬召喚   ×3枚 コスト1
・詠唱・聖なる願い  ×2枚 コスト1
・詠唱・聖獣への誓い ×2枚 コスト2
・詠唱:聖獅子の牙  ×2枚 コスト2
・詠唱:神域の守護者 ×2枚 コスト2
・詠唱:死の宣告   ×2枚 コスト4
・詠唱:二対の炎   ×2枚 コスト5

アミュレットを展開して、中〜終盤にかけて強いフォロワーを展開し、勝利を目指します。

「詠唱:天喰らう聖竜」や、「詠唱:異端審問」などを入れてもいいでしょう。「詠唱:天喰らう聖竜」はエルフなどのデッキに刺さることもあるので一枚でもあると安心かもしれません。

カウントを進めると、アグロ系のデッキには隙を見せるので、できるだけ「漆黒の法典」「
や、「鉄槌の僧侶」を駆使して堪え凌ぎながら戦いましょう。

終盤でアミュレットを大量に置いてからの「スカルフェイン」のコンボは強力です。
狙っていきましょう。

他のビショップデッキは強くないの?

他のデッキについてですが、「冥府ビショップ」や「レリアビショップ」があります。

しかしこれらのデッキは使っている人の少なさが表している通りコンボが狙いにくく、使いづらいです。

「冥府への道」を使うならエルフやウィッチなどを使いましょう。

冥府ビショップ

一応紹介しておくと、「冥府ビショップ」はその名の通り「冥府への道」で勝利を目指します。

「詠唱:夢想の白兎」が無限に出てくる守護フォロワーなことを生かして墓地を肥やします。

また、「新たなる運命」や「ダークオファリング」なども活用していきます。ただ、墓地に送る手段はあってもエルフやウィッチには「冥府への道」を出すスピードが劣る可能性が高いです。

レリアビショップ

その名の通り「アークビショップ・レリア」を使ったデッキです。

ビショップは体力の多いフォロワーが多いのでその特性を生かそうといったデッキです。

そのフォロワーの体力分のダメージを相手に与える能力は強力ですが、体力が減ると攻撃力が下がることを意味しているので状況によってはいまいちになることがあります。

対ビショップデッキの対策

ビショップに対する対策ですが、基本的にビショップは遅いデッキが多いです。序盤に攻めまくって勝ちにいくことが望ましいです。

なので、ロイヤルやエルフ、ネクロマンサーのアグロ型などは比較的相性のいいデッキかもしれません。

ただ、かなり対策を積んだビショップや手札が回っている場合はなんとも言えませんが。

そういう点ではヴァンパイアは守護を無視して相手プレーヤーにダメージを与えることのできるカードが多いので勝ちやすいと言えるでしょう。

ビショップは決定力が欠ける場合が多いのでヴァンパイアの復讐状態を狙いやすいとも言えます。

やはり、基本的には早めに攻めることが望ましいです。優秀な回復カードや、「サタン」などが来る前に倒してしまいましょう。

こちらがビショップの場合

逆にビショップは早いデッキにはどうしたらよいでしょうか?ビショップは基本的に遅いデッキばかりです。

序盤のカードの引き次第では負けが濃厚になる場面も考えられます。なので出来るだけ序盤に守護フォロワーや「漆黒の法典」を引けなければなりません。

進化できるターンまでに「鉄鎚の僧侶」が引けていることも重要です。マリガンはこれらのカードを積極的に狙っていきましょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社