QムービーTOP > ゲーム > シャドウバース

シャドウバース ロイヤルの戦い方とおすすめデッキレシピ

この記事ではロイヤルクラスでの戦い方や各クラスとの相性、デッキレシピなどを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!!

ロイヤルの評価

09405-shadowverse_thumbnail

ロイヤルはシャドウバースの7クラスのうちの1つで、キャラクターはエリカです。ロイヤルは1枚のカードで複数のフォロワーを場に出すことが得意です。

ロイヤルにはトークンを召喚することでフォロワーを場に展開していく「兵士」フォロワー、自分のフォロワーを強化する「指揮官」フォロワーが存在しており、この2種類のタイプを組み合わせて使い兵士フォロワーを場にたくさん展開し、指揮官フォロワーで強化して攻撃する、序盤から強く速攻勝負を得意とするクラスです。

初動は低コストフォロワーを大量に展開し、敵リーダーを狙っていきましょう。中盤は強化されたフォロワー1体で敵フォロワー2体を倒すようなプレイングで攻めていきます。

勝負を決められる場にならず7・8ターン以降まで時間がかかってしまうと相当苦しくなります。

ロイヤルの強みは序盤から低コストフォロワーを並べてダメージを重ねていく速攻戦法にあるので、中盤までにしっかりと勝負を決したいところです。

ロイヤルと各クラスの相性

デッキによって各クラスへの相性は変わるのですが、ここでは使用するプレイヤーの多いミッドレンジロイヤルとフェイスロイヤルを軸にして、各クラスの特徴的なデッキとの相性を挙げてみます。

エルフ(アリサ)

冥府エルフ…「冥府への道」を狙うため時間がかかるのが特徴です。ミッドレンジロイヤルだと先行が取れれば微有利、後攻だと五分です。フェイスロイヤルなら微有利で安定しやすいでしょう。

薔薇エルフ…他のエルフと比べると展開が遅いので、フェイスロイヤルなら有利、ミッドレンジロイヤルなら除去などにしっかり対応して五分といった所です。

OTKエルフ…リノセウスで1ターンキルを狙ってくるデッキです。お互いに大量のフォロワーを場に並べることになるためミッドレンジロイヤルで後攻だと微不利です。相手のフォロワーのエルフをしっかり削らないと厳しいでしょう。

フェイスロイヤルであればこちらのフォロワーを除去するために手数を必要とするため、終始攻め立てて有利が取れます。

ロイヤル(エリカ)

フェイスロイヤル…展開前に圧倒されてしまうためミッドレンジロイヤルだと不利が付きます。同デッキの場合は殴り合いになるので常に相手より多くフォロワーを出すことを意識しましょう。

ミッドレンジロイヤル…同デッキ戦ではより大きなフォロワーをデッキに入れているほうが有利になります。ツバキが鍵になるので相手がツバキを入れているかどうか試合中に判断しましょう。

ウィッチ(イザベル)

超越ウィッチ…長期戦向けのデッキで、序盤から押せるミッドレンジロイヤル・フェイスロイヤル共に有利が取れます。

冥府ウィッチ…やはり長期戦向けなので、両デッキで有利が取れます。

秘術ウィッチ…ミッドレンジロイヤルは中盤のガーディアンゴーレムなどの大きいフォロワーにも対応できるため有利ですがフェイスロイヤルだと崩しにくいため、有利な序盤のうちに決めなければ不利になることを念に入れましょう。

ドラゴン(ローウェン)

ミッドレンジドラゴン…ミッドレンジロイヤルであればやや有利で、フェイスロイヤルだと不利です。基本的に守護を持ったフォロワーが多いのでフェイスロイヤルだと中盤以降に攻めることが難しくなります。

サタンドラゴン…サタンを狙うデッキですが、大型フォロワーを潰しやすいためミッドレンジロイヤルで有利が取れ、序盤から攻め立てるフェイスロイヤルも微有利といったところです。

コンボドラゴン…低コストの守護フォロワーの多さによりフェイスロイヤルで序盤に押すことが厳しく、フォロワーを減らせなければミッドレンジロイヤルでも中盤以降に不利です。

ネクロマンサー(ルナ)

アグロネクロ…ロイヤルのほうが展開スピードが早いため有利が取れます。ただ中盤以降はフェイスロイヤルだと分が悪いので序盤のうちに決めたいところです。

ミッドレンジネクロ…低コストフォロワーへの除去手段が豊富で、両デッキ共に不利です。

コントロールネクロ…守護と除去が豊富なのでやはり両デッキ共に不利です。序盤に押し込めないとまず勝てないでしょう。

ヴァンパイア(ユリアス)

サタンヴァンパイア…序盤が弱いので、5ターン以内に押し切りやすいフェイスロイヤルが有利を取れます。中盤以降の立ち回りが安定しているためミッドレンジロイヤルだと微不利です、ライフを11未満にしないよう調整して一気にトドメを刺すことを意識しましょう。

コントロールヴァンパイア…終盤戦を意識しているデッキなので、序盤からリーダーの体力を奪えるフェイスロイヤルは有利です。中盤以降は黙示録の存在もありミッドレンジロイヤルだと不利になりやすいです。

ビショップ(イリス)

カウントビショップ…ミッドレンジロイヤルの場合は中盤にカウント解放されたフォロワーの除去をしっかり行うことで有利になりやすいです。フェイスロイヤルだとデッキの相性が非常に良いです。相手の引きが強くない限り苦戦することはそうそうないでしょう。

コントロールビショップ…ミッドレンジロイヤルよりも早い段階で強力なフォロワーを展開してくる上に終盤も「テミスの審判」の存在があるためミッドレンジロイヤルだと不利です。フェイスロイヤルは全体除去の「テミスの審判」が発動できる6ターン前に押し切りやすいですが、守護フォロワーも多いデッキのため微有利です。

対ロイヤルデッキの対策

ロイヤルのデッキパワーは非常に高く、特にミッドレンジロイヤルは多くのデッキと互角に戦える上に多少の不利があっても勝つことが出来てしまうほどのポテンシャルがあります。

ですがロイヤルの弱い部分として、指揮官フォロワーのステータスが低い、優秀な全体除去を持っていない、ドロー手段が乏しいといった点が挙げられます。

序盤は体力2〜3のフォロワー・守護フォロワーを早めに展開し速攻を掛け難くします。

中盤においての強力な展開からの攻めを打破するために、全体除去やバースト系のカードは温存しておきましょう。

ロイヤルが中盤にフローラルフェンサーや海底都市王・乙姫などのカードで一気に展開してきたところで使用し相手の手札を枯渇させましょう。

相手の攻勢をシャットアウトできれば流れを取り戻しやすいです。

注意カード

・ロイヤルセイバー・オーレリア…守護 ファンファーレ 「相手のフォロワーの数」と同じだけ+1/+0する。相手のフォロワーが3体以上なら、「相手の能力で選択できない」を持つ。
・海底都市王・乙姫…ファンファーレ 乙姫お守り隊を場が上限枚数になるまで出す。
・セージコマンダー…ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。
・フローラルフェンサー…進化時 スティールナイト1体とナイト1体を出す。
・不屈の兵士…自分の場に指揮官・カードが出るたび、ターン終了まで+1/+0する。

ロイヤルのおすすめデッキレシピ

よく使われるロイヤルのデッキである、ミッドレンジロイヤルとフェイスロイヤルのデッキの一例を挙げます。

ミッドレンジロイヤル

・クイックブレーダー…3枚
・不屈の兵士…3枚
・歴戦のランサー…3枚
・メイドリーダー…3枚
・フェンサー…3枚
・ノーヴィストルーパー…3枚
・わがままプリンセス…2枚
・ホワイトジェネラル…2枚
・フローラルフェンサー…3枚
・ロイヤルセイバー・オーレリア…3枚
・セージコマンダー…3枚
・海底都市王・乙姫…3枚
・ツバキ…2枚
・ガブリエル…2枚
・フロントガードジェネラル…2枚

フェイスロイヤル

・クイックブレーダー…3枚
・ヴァンガード…3枚
・ゴブリン…3枚
・オースレスナイト…3枚
・不屈の兵士…3枚
・歴戦のランサー…3枚
・プリンセスヴァンガード…2枚
・フェンサー…3枚
・ノーヴィストルーパー…3枚
・わがままプリンセス…3枚
・ホワイトジェネラル…2枚
・フローラルフェンサー…3枚
・セージコマンダー…2枚
・武装強化…2枚
・デモンストライク・・・2枚

上記のデッキレシピを参考にしてオリジナルデッキを作ってみよう!!

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社