QムービーTOP > ゲーム > シャドウバース

シャドウバース ウィッチの評価とデッキレシピ

最近(2016年9月中旬頃)では秘術ウィッチや冥府ウィッチ、超越ウィッチなどのデッキを見かけます。

そもそもウィッチ自体どうなんだろう?という声もあがったりしていますが、デッキが回ればどのデッキもかなり強力なことに変わりありません。

今後のアップデート等で環境も大きく変わるでしょうが、現時点でのウィッチについて触れていこうと思います。

そこでウィッチの中でも主流とされるデッキを紹介していこうと思います。さっそくウィッチの代表的なデッキレシピを紹介していこうと思います!

[超越ウィッチ](スペルウィッチ)

09406-shadowverse_thumbnail

フォロワー


  • ・ペンギンウィザード   ×3枚 コスト2

  • ・スぺクトラルウィザード ×2枚 コスト3

  • ・ルーンブレードサモナー ×1枚 コスト4

  • ・マーリン        ×3枚 コスト4

スペル


  • ・エンジェルスナイプ ×3枚 コスト1

  • ・知恵の光      ×3枚 コスト1

  • ・マジックミサイル  ×3枚 コスト2

  • ・ゴーレムの錬成   ×3枚 コスト2

  • ・ウィンドブラスト  ×3枚 コスト2

  • ・虹の輝き      ×1枚 コスト2

  • ・サモンスノー    ×2枚 コスト3

  • ・魔力の蓄積     ×3枚 コスト3

  • ・ファイアーチェイン ×3枚 コスト4

  • ・運命の導き     ×3枚 コスト5

  • ・炎の握撃      ×1枚 コスト8

  • ・次元の超越     ×3枚 コスト18

昔はよく見てきた超越ウィッチ。最近では数こそ減ったものの「次元の超越」の次のターンを自分のターンにする効果が強力です。

手札次第ではありますが決まればどんな相手にも勝てるでしょう。

このデッキでは相手のフォロワーを除去しつつ、「マーリン」でキーカードや優秀な除去カードなどをドローし、最後に「ルーンブレードサモナー」などの大型フォロワーでフィニッシュするのが大まかな流れです。

ここに紹介したデッキは決定力に欠ける(相手の体力を削るのに「ルーンブレードサモナー」1枚とペンギンウィザードしかいない)ため、強力なフィニッシャーを入れてやるといいでしょう。

また、「次元の超越」は3枚手札に来ても1枚は使うことがなくなる可能性が高いので1枚抜いてもいいかもしれません。

フィニッシャーの候補カードとしては、「ドラゴンメイジ」などが考えられます。

「ルーンブレードサモナー」を増やしたり、「フレイムデストロイヤー」を入れることも考えていいでしょう。

他にも「魔道の力場」や「ツインプリズナー・フラム」と「ツインプリズナー・グラス」を入れてもいいかもしれません。※扱いは難しく、特定の条件下でしか活躍できません。

[秘術ウィッチ]

フォロワー


  • ・クラフトウォーロック  ×3枚 コスト2

  • ・ルーキーアルケミスト  ×3枚 コスト2

  • ・ヒーリングエンジェル  ×3枚 コスト3

  • ・デモンフレイムメイジ  ×1枚 コスト4

  • ・上級アルケミスト    ×3枚 コスト4

  • ・マーリン        ×1枚 コスト4

  • ・ゴブリンマウントデーモン×3枚 コスト5

  • ・ジュエルゴーレム    ×1枚 コスト6

  • ・ルシフェル       ×2枚 コスト8

  • ・ミスリルゴーレム    ×1枚 コスト9

  • ・サタン         ×1枚 コスト10

スペル


  • ・実験開始        ×3枚 コスト1

  • ・ゴーレムの錬成     ×3枚 コスト2

  • ・ウィンドブラスト    ×1枚 コスト2

  • ・虹の輝き        ×1枚 コスト2

  • ・編成の魔術       ×3枚 コスト3

  • ・運命の導き       ×1枚 コスト5

アミュレット


  • ・錬金術の代償      ×3枚 コスト3

  • ・ノノの秘密研究所    ×3枚 コスト7

[実験開始」からの「ルーキーアルケミスト」などのコンボで「ガーディアンの錬成」をどんどん作りながら戦っていくデッキ。

現在は手札の上限が9枚になったことから「エンシェントアルケミスト」を入れたデッキも増えている。

他にも「ゴーレムプロテクション」や「地裂弾」などのカードを入れてもいいかもしれない。

終盤に「ノノの秘密研究所」が出せれば滅多なことでは厚い守護を突破できな状況になり、勝ちやすくなるだろう。

だたし、フィニッシャーとして「サタン」や「ルシフェル」に頼る場面が大きくなる可能性が高い。

守護フォロワーの苦手はエルフやロイヤルに相性のよいデッキであると言える。

[冥府ウィッチ]

フォロワー


  • ・ベルエンジェル  ×3枚 コスト2

  • ・スカラーウィッチ ×3枚 コスト2

スペル


  • ・エンジェルスナイプ ×3枚 コスト1

  • ・知恵の光      ×3枚 コスト1

  • ・光の道筋      ×3枚 コスト2

  • ・新たなる運命    ×3枚 コスト2

  • ・マジックミサイル  ×3枚 コスト2

  • ・ゴーレムの錬成   ×3枚 コスト2

  • ・ウィンドブラスト  ×3枚 コスト2

  • ・虹の輝き      ×3枚 コスト2

  • ・サモンスノー    ×3枚 コスト3

  • ・ファイアチェイン  ×1枚 コスト4

  • ・運命の導き     ×3枚 コスト5

アミュレット

  • ・冥府への道     ×3枚 コスト4

基本的に序盤から中盤にかけて除去をしながら冥府の準備を整え、「冥府への道」で勝つデッキになっている。

このデッキは単純に「冥府への道」だけのことを考えられているが、アグロなどの早いデッキには弱くなっている。

そこでさきほど紹介した秘術ウィッチの一部分を融合させることで更に安定を増すこともある。

デッキに入れる候補

・「ルーキーアルケミスト」
・「実験開始」
・「編成の魔術」

などになります。 序盤からゴーレムを並べることができれば冥府のための準備を行いやすくなります。

基本的に序盤に進化を使い切ってでも相手の動きを止めにいきましょう。隙を見て「新たなる運命」で墓地を肥やしていき、「冥府への道」を発動させましょう。

どのデッキが強い?ウィッチってそもそも強いの?

まず、どのデッキが強いのかについて触れていこうと思います。

現状ではどれが強い、といったものは無いでしょう。手札次第ではどのデッキも強いです。しかし、数が多いのは秘術と冥府を足したデッキでしょう。

念のためにレシピをここに記しておきます。

[冥府+秘術ウィッチ](ハイブリット冥府ウィッチ)

フォロワー


  • ・ルーキーアルケミスト ×3枚 コスト2

  • ・上級アルケミスト   ×3枚 コスト4 △

スペル


  • ・知恵の光      ×3枚 コスト1

  • ・実験開始      ×2枚 コスト1

  • ・光の道筋      ×3枚 コスト2

  • ・新たなる運命    ×3枚 コスト2

  • ・マジックミサイル  ×3枚 コスト2

  • ・ゴーレムの錬成   ×3枚 コスト2

  • ・ウィンドブラスト  ×3枚 コスト2

  • ・虹の輝き      ×3枚 コスト2

  • ・編成の魔術     ×2枚 コスト3

  • ・サモンスノー    ×3枚 コスト3

  • ・運命の導き     ×3枚 コスト5

アミュレット


  • ・錬金術の代償    ×3枚 コスト3

  • ・冥府への道     ×3枚 コスト4

△は入れ替え候補です。

「マーリン」、「ウィンドブラスト」、「エンシェントアルケミスト」などを入れてもいいでしょう。

序盤はゴーレムなどで守りに徹してできるだけ後半につなげるようにしましょう。

ハイブリットとは言え「冥府への道」を発動するには時間がかかるので、時間稼ぎをたくさんしましょう。(ターンを稼ぐ)

ウィッチのまとめ

ウィッチは手札によってはどんな相手にも負けない強さを持っています。

現状どんなデッキが多いのかなどを考えて柔軟にデッキを変えることで勝利をつかみましょう。

基本的にウィッチはどのデッキでも序盤〜中盤が弱いので序盤から中盤をいかに凌ぎ切るかが重要なポイントとなります。

様々なデッキを作ってみて試した結果使いやすいデッキを使うのもよいでしょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社