ゲーム > ゲームデータベース > メタルギアソリッドV ファントムペイン

ゲーム情報:メタルギアソリッドV ファントムペイン

メタルギアソリッドV ファントムペイン

総合評価:

●プロモーションムービー

●商品の背景

METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAINは2015年9月2日にコナミから発売された、ステルスアクションゲームです。開発は小島プロダクション。

メタルギアシリーズとしては、八作品目にあたる作品です。今回の作品は前作の序章、METAL GEAR SOLID V GROUND ZEROESから十年後の1984年。アフガニスタン、アフリカを舞台に「

復讐の鬼」となったヴェノム・スネークと、彼が率いる部隊、ダイアモンド・ドッグズが、過去に自分たちを陥れた組織に報復するといった「復讐劇」です。今までのサーガで語られていなかった空白のストーリーであり、この物語を最後にメタルギアの円環がまとまるというところから、ユーザーの期待が高かった作品でした。

しかし、制作途中に話題になったコナミと小島プロダクションの派閥問題。そして発売後には、意味深なエンディングと本編に未収録のエピソードがあることから、「未完成品」といった批評があったりと、今までのシリーズの中でも波乱な評価を受けた作品でもあります。

メタルギアソリッドV ファントムペイン:イメージ画像1

●ゲームの特徴

今作からは、初のオープンワールドを導入しています。海外では、殆どのゲームがオープンワールドのシステムを入れていますが、日本では技術的な問題からなのか、あまりオープンワールドを用いたゲームはありません。

オープンワールドとしての出来は、ワールドクラスのゲームでもあるGTAV、ウィッチャー3と比べたら、どうしても差が出てしまいますが、操作性の良さ、FOXエンジンが作り出すライティング技術、フォトリアルなグラフィックは、目を見張るものがあります。今作はカットシーンも大きな変化が加わっています。

今までの小島監督のカットシーンは、映画のような絵作りをしていましたが、今回のカットシーンではあまりカットを使わず、ノーカットでカメラワークが動いていくという絵作りが多く見られます。もはや映画的ですらなく、ゲームならではの表現になっているのが印象的でした。

メタルギアソリッドV ファントムペイン:イメージ画像2

●ゲームシステム

先ほど説明した通りに、オープンワールドを用いて自由に潜入するのが、今作の大きな特徴です。

時間帯、装備、着陸地点、移動手段、目的地までのルートを、自分で計画立ててミッションを遂行していきます。自分一人でミッションを行うことも可能ですが、バディシステムというのを使うこともできます。

特定のキャラクターと共に、ミッションを遂行することもできるのです。

軽快な移動が特徴的なD-Horse
無言の女スナイパー クワイエット
敵の索敵など持ち前の鼻を使ってスネークをサポートするD-Dog
万能型バディのD-Walker

と個性的なキャラクターを、相棒として連れて行き、様々なミッションに取り組むことができます。同じミッションでも、バディを変えることによって、攻略方法が変わっていったりするので、リプレイ性も十分にあり、やりごたえがあるシステムです。

武器製作によって、強力な武器からユニークな武器まで作ることができ、さらにそれを自分たちの部隊(後に説明するFOBシステム)に装備させたりすることにより、自分たちの基地を強化することもできます。

ストーリーを進めていくと、武器製作した武器からパーツを選び、自分だけの銃をカスタマイズすることも可能です。オンライン要素として、一つ大きなシステムのFOBというものがあります。オンライン上に、もう一つ自分の基地を作り、物資や人員をそこに配置できるというシステムで、FOBを作ることにより、より多くの人員の確保と物資の確保が可能となります。

しかしFOBにはデメリットもあります。他のプレイヤーからFOBに潜入され、物資や人員を奪われるということです。そのために、強力な武器を開発し部隊に装備させたり、フレンドと協力して基地を守ったりと、対策をしながら、さらにFOBを強化して部隊を大きくしていく。

これがオンラインのFOBシステムになります。もちろん、こちら側からオンライン上にあるFOBに潜入して物資、人員を奪うことも可能です。ですが、潜入失敗、成功したけど見つかってしまった場合は、「報復のワームホール」が開きこちら側のFOBに潜入される危険性もあるので、よく考えて潜入をしましょう。

メタルギアソリッドV ファントムペイン:イメージ画像3

●世界観

舞台は1984年のアフガニスタンとアフリカです。ソ連が占領したアフガニスタンの荒廃した荒野と、雇われ傭兵が蔓延るアフリカの多くの緑に囲まれたステージと、対照的な二つの舞台を行き来して物語は進んでいきます。

年代が80年代ということで、様々なところで手に入る音楽カセットテープがあります。a-haの「Take on me」、Joy Divisionの「Love will tear us apart」、The Cureの「Friday I`m in love」と80年代のヒット曲が出てきますので、何となく80年代の雰囲気みたいなのは味わえると思います。

当時の世界情勢も、事細かに説明されているのでその世代に詳しい人には、なじみ深いものがあるかもしれません。作品の質感としては、ジョージ・オーウェルの1984も深く影響を与えています。

メタルギアソリッドV ファントムペイン:イメージ画像4

●あらすじ

ソ連のアフガニスタン侵攻以来、冷戦は新たな局面を迎えてた。1984年、隻眼に義手の男がアフガニスタンに現れる。「スネーク」と呼ばれるその男は、以前アメリカ合衆国の非政府諜報機関「サイファー」に、歴史から抹消された伝説の傭兵だった。

9年間の昏睡から覚醒したばかりの彼を襲撃者から救い、アフガニスタンへと導いたかつての敵「オセロット」は、スネークに告げる。スネークのかつての相棒だった「カズヒラ・ミラー」がアフガニスタンのソ連軍に囚われている。それを単独で救出し、伝説の傭兵が復活したことを世界に知らしめると。

そして新たに部隊を築き、かつて全てを奪い去った「サイファー」へ復讐をする。世界を股にかけた戦いが始まろうとしていた。

メタルギアソリッドV ファントムペイン:イメージ画像5

●レビュー

「メタルギアソリッドV ファントムペイン」のレビュー募集!>

●YOUTUBE プレイ動画

評価

星5

星4

星3

星2

星1

機種別

PS4

PS3

PS Vita

PC

ジャンル別

RPG

アクション

FPS

シミュレーション

パズル

特徴

美少女系

ホラー

シミュレーション

パズル

類似したゲーム

特徴&ジャンルで一致したゲームを引っ張る

発売日

ここ1ヶ月で発売されたタイトル

ここ3ヶ月で発売されたタイトル

リスト

© 5Q 2015

運営会社