ゲーム > ゲームデータベース > マッドマックス

ゲーム情報:マッドマックス

マッドマックス

総合評価:

●プロモーションムービー

●商品の背景

元祖世紀末!北斗の拳に影響を与えた、あの映画がオープンワールドアクションに。マッドマックスは2015年10月1日に発売された、オープンワールドカーアクションゲームである。

販売はワーナー、開発はスウェーデンのストックホルムに拠点を構える、Avalanche Studios。対応プラットフォームはPS4、XBOX ONE、PC(Windows)。

マッドマックスと言えば、2015年の映画でもっとも話題となった映画かもしれない。前作から27年ぶりとなるシリーズ最新作といい、異例のロングラン上映、爆音上映会など、ここ最近なかったエネルギッシュさを最高潮までに詰め合わせた映画だと思う。

そんな話題となったあの映画が、オープンワールドゲームになるのだから、これが面白くないわけがない!まさしく、インターセプターとV8エンジンのような最高の組み合わせだ。

マッドマックス:イメージ画像1

●ゲームの特徴

荒野を駆けるためのマシン

マッドマックスの醍醐味といえば、やはり車だろう。今作はマックスが自分の愛車「インターセプター」を奪われるところから本編が始まる。そしてその後に、相棒となるチャムバケットとインターセプターの代わりとなるマグナムオプスと出会う。

このマグナムオプスは、始めは大した車ではないが、スクラップを集めカスタマイズを施すことによって凶悪な破壊マシーンにも、超高速でぶっ飛ぶハイエンドマシーンにすることもできる、無限の可能性を秘めている車だ。

荒地となったウェイストランドを飾るのは、常識はずれな敵

オープンワールドというのは景観が重要な役割を果たしている。他のオープンワールドゲームをプレイすれば、景観にこだわっていることがよくわかるだろう。だがこのマッドマックスに置いては、景観は全くない。

なぜか?もうこの世界は崩壊してしまった後だからだ、景観もクソもない。だがそれでいいのだ、なぜか?これは「マッドマックス」だからだ。その代わりにこの荒廃したウェイストランドを彩ってくれるのは、マックスの宿敵スキャブロタス・スクロタスの手下であるウォーボーイズだ。

このウォーボーイズはそこら中に車を走らせている。彼らは問答無用に略奪をし暴れ回っている。もしあなたがのんびりとドライブを楽しんでる場合、突然彼らに襲われ身ぐるみ剥がされてしまうだろう。

マッドマックス:イメージ画像2

●ゲームシステム

本作のゲームの進め方は、メインストーリーのストーリーミッションと様々な報酬が手に入る、ウェイストランドミッションに別れている。

その他に、ウォーボーイズの手下が蔓延る拠点制圧、スクロタスが縄張りとして置いてあるオブジェクトの破壊等、頭をそんなに使わずとも、クリアできるものばかりだ。かと言って難易度が優しいわけではないので注意。この手のゲームはアサシンクリードのようなゲームを連想してもらうと分かりやすいかもしれない。

スクラップ、グリッファポイントによる育成要素

先ほど記述した車のカスマイズ、これはウェイストランドにあるスクラップを使いカスマイズパーツを製作する。スクラップは敵の拠点、ウォーボーイズの死体、ミッションの報酬と様々なところで手に入る。

このスクラップを車に使う以外にも使い道があり、マックス自体の装備、技にも活用することができる。さらにマックスの育成システムとしてもう一つ、グリッファポイントというものがある。

このグリッファポイントはミッションや拠点制圧成功時に手に入るポイントで、ウェイストランドに神出鬼没に表れる謎の放浪者グリッファに捧げることにより、マックスの潜在能力を引き出すことができる。例えば、体力を増やしたり、攻撃力、防御力を上げることや、マックスの新たな格闘スキルを解放することができる。もしマップ内にグリッファを見かけたら積極的にアップグレードしていきたい。

目の前の敵を薙ぎ払え!狂気の肉弾戦

マックスは車の操縦だけではなく、肉弾戦も得意としている。バトルの操作はバットマンシリーズのような、フリーフローコンバットを採用。攻撃ボタンでひたすら殴り、攻撃が来たらカウンターなり避けるなりをし、目の前の敵を蹴散らしていく。

バットマンと比較するならば、バットマンのようなスタイリッシュさは微塵にもないが、武骨に敵を叩きつけ、紙一重に回避し、バイオレンスなとどめを刺す。日本のゲームで言えば、「龍が如く」のような爽快感に近いかもしれない。攻撃一発にしっかりとした「重み」を感じるので、ただ殴っているだけで爽快感があるのだ。

マッドマックス:イメージ画像3

●世界観

炎、爆発、衝突、なんでもありマッドマックスならではのカーバトル。もう一つの醍醐味、カーバトルがある。これは映画、「怒りのデスロード」ばりのカーアクションを期待して持ってもいいくらい「ヤバい」出来になっている。

車を走らせている最中に、ウォーボーイズに遭遇したら後ろから全速力で衝突してやろう。または後部に乗っている、相棒チャムにハープーンを打たせてタイヤを外してしまっても良い。はたまたサンダープーンで相手ごと爆発の渦に巻き込ませてもいいだろう。とにかく相手に遭遇したら、車を再起不能にしてやらなければ未来はない。

今作の立ち位置

このゲームのマッドマックスは、映画「怒りのデスロード」の前日単にあたるストーリーだ。もし、すでに映画でドハマりしてしまったファンがいるならば、このゲームは必ず買いだと思う。

映画の方では細かい設定があるものの、映画の都合上全て説明してあるわけではない。しかしこのマッドマックスのゲームに置いては、キャラクター、マップのロケーション、車などのバイオグラフィーが事細かに記されているので、コアなファンも納得の仕上がりになっているだろう。

マッドマックス:イメージ画像4

●あらすじ

当てもなく荒廃した世界を、愛車「インターセプター」と放浪する男、マックス。彼はかつて共にいた家族の亡霊に怯えながら、「安住の地」を探し求めていた。だが、突然襲われたウォーボーイズにより、何もかもを奪われた。

「生き延びたければ、残酷になれ—」彼は奪われたものを取り戻すために、ウェイストランドの地を走り始めたのであった。

マッドマックス:イメージ画像5

●レビュー

「マッドマックス」のレビュー募集!>

●YOUTUBE プレイ動画

評価

星5

星4

星3

星2

星1

機種別

PS4

PS3

PS Vita

PC

ジャンル別

RPG

アクション

FPS

シミュレーション

パズル

特徴

美少女系

ホラー

シミュレーション

パズル

類似したゲーム

特徴&ジャンルで一致したゲームを引っ張る

発売日

ここ1ヶ月で発売されたタイトル

ここ3ヶ月で発売されたタイトル

リスト

© 5Q 2015

運営会社