ゲーム > ゲームデータベース > ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド

ゲーム情報:ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド

総合評価:

●プロモーションムービー

●商品の背景

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッドは2015年6月4日に発売されたゲームで、MachineGamesが開発を担当しています。

このゲームは2014年に発売されたウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダーのプロローグになっており、両方プレイすると、より深く楽しむことが出来ます。ゲームジャンルはFPSですが、体力自動回復がないなど近年のFPSとは少し違うFPSになっています。

また、このウルフェンシュタインシリーズは、黎明期のFPS業界に対して大きな影響を与えたといわれています。

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド:イメージ画像1

●ゲームの特徴

このゲームの特徴はそのぶっとんだ世界観にあります。ウルフェンシュタインの世界では敵であるナチスドイツが現実世界よりも強力かつぶっとんでいるので、色々とおかしなことになっています。

例えばヘルガ・フォン・シャーブスの邪悪な秘密というシナリオでは、ナチスゾンビの集団と戦うことになります。そんなどこかのB級映画のような事を、大真面目にやっているのがこのゲームの特徴なのです。

ちなみにシングルプレイに特化したゲームであるのも、特徴のひとつです。

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド:イメージ画像2

●ゲームシステム

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッドのゲームシステムはかなり独特な作りをしています。その代表的特徴が「体力が自動回復しない」点です。普通、近年のFPSでは体力が自動回復する仕組みになっています。

なので一斉攻撃されない限りはそうそう死にません。しかしこのゲームでは体力回復アイテムを取らないと、どんどん体力が減って、最終的にはやられてしまいます。なので体力というものを常に計算に入れて戦わなくてはならないので、独特の立ち回りを要求されます。

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド:イメージ画像3

●世界観

非常に特徴的な世界観です。第2次世界大戦のゲームなので、世界観は第2次世界大戦に準じていますが、敵であるナチスが非常に科学的+オカルト的なので、ナチスゾンビが出てきたり、ハイテクナチスが出てきたりします。

ちなみに今作ではオカルト色が強いですが、前作ではハイテク色が強く、月面ナチスの基地やナチスロボットなどが出てきました。そのようなトンデモナチスと主人公が戦うのが、今作を初めとしたウルフェンシュタインシリーズが受け継いでいる世界観なのです。

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド:イメージ画像4

●あらすじ

第2次世界大戦末期、恐るべき戦力を誇るナチスドイツの前にアメリカを初めとする連合国は各戦線で敗退しました。

ナチスの世界征服が実現一歩手前まで迫る状況で、アメリカ軍は主人公B.J.ブラスコヴィッチに、ドイツのバイエルンに潜入してナチスの軍事機密を探ってこいと極秘の特殊任務を与えました。その任を受けたブラスコヴィッチはナチスの秘密文書を盗んでくるためにウルフェンシュタイン城に潜入します。

果たして彼は、ナチスから機密書類を強奪する事が出来るのでしょうか。

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド:イメージ画像5

●レビュー

「ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド」のレビュー募集!>

●YOUTUBE プレイ動画

評価

星5

星4

星3

星2

星1

機種別

PS4

PS3

PS Vita

PC

ジャンル別

RPG

アクション

FPS

シミュレーション

パズル

特徴

美少女系

ホラー

シミュレーション

パズル

類似したゲーム

特徴&ジャンルで一致したゲームを引っ張る

発売日

ここ1ヶ月で発売されたタイトル

ここ3ヶ月で発売されたタイトル

リスト

© 5Q 2015

運営会社