マイクラ攻略wiki > ブロック > 黒曜石

黒曜石

黒曜石について

黒曜石の画像

黒曜石とは?

黒曜石とはマインクラフト内で「岩盤」の次に硬いと言われているブロックです。見た目は黒くて若干紫がかっています。

基本的には「溶岩」と水が触れた時に生成されたりすることが多いです。人工的に作り出すことも可能です。また「エンドシティ」と呼ばれるディメンションには黒曜石で作られた塔があります。このディメンション内の黒曜石も普通に掘って取ることが可能です。

また、黒曜石は非常に硬いので、ダイヤのツルハシでも一つ取るのに10秒近くかかってしまいます。これでは採掘するのがとても大変なので効率強化を付けた「ダイヤモンド」のツルハシで掘ることをおススメします。

黒曜石の作り方

黒曜石画像1

そして人工的に黒曜石を作り出す方法ですが、溶岩に水をかけて黒曜石を得る方法と溶岩と水を流し、その境目にレッドストーンダストを置いてレッドストーンダストを黒曜石に変換するという方法があります。

溶岩に水をかけて黒曜石を作る

まず溶岩に水をかけて黒曜石を作る方法ですが、詳しく書くと溶岩にかけるというより溶岩だまりのある壁のブロックに水をかけると溶岩だまりの部分が一面黒曜石に変わります。

これが一番大量に黒曜石をゲットできるでしょう。ですがこの方法には注意点があって、壁に水をかけることによって辺り一面は黒曜石に変わりますが、黒曜石に変わっているのはあくまでも上辺の1ブロック分だけなので黒曜石を掘るとその下はマグマがあります。

黒曜石堀りに夢中になってマグマダイブしないように気を付けてくださいね!

溶岩と水の間にレッドストーンダストを置いて変換する方法

黒曜石画像2

そして溶岩と水の間にレッドストーンダストを置いて変換する方法ですが、こちらは「レッドストーン」1個で黒曜1個になりますのでレッドストーンが余っている方にはおススメかもしれません。

まず地面を1ブロック掘ってその横にブロックを1ブロック置きます。そして置いたブロックに横から水をかけると先ほど1マス掘った部分に水が流れるのが分かりますよね。

そして掘った先のかろうじて水が触れている部分にレッドストーンダストを置きます。そしてその逆側を1マス分残してぐるりと燃えないブロックで囲みます。

そして囲んだ1マスの部分に溶岩を流すと水と溶岩に挟まれたレッドストーンの部分が黒曜石に変わります。水|レッドストーン|溶岩|囲い←この順番で置きます。

こちらはレッドストーン以外は消費することなく何度でも再利用できますのでわざわざ地中を掘って溶岩たまりを探さなくても良いので安全性も高く、手軽に黒曜石を確保することが出来ます。

作り方を工夫して同時にもっと大量に黒曜石に変換する仕組みを作ればもっと効率よく大量の黒曜石を確保できるでしょう。

黒曜石の使い方

黒曜石画像3

黒曜石の使い方ですが、黒曜石はとても硬く爆発耐性も高いので建築物に利用することはもちろん、黒曜石ブロックを最低10個用意すれば「ネザー」へ行くためのゲートを作ることが出来ます。

正式なゲートは黒曜石ブロックが14個必要なので10個の方は簡易的なゲートになります。簡易ゲートの方でもしっかりネザーに行くことは出来るので黒曜石があまりない場合は略式でも十分です。

それ以外にも「エンチャントテーブル」をクラフトするのに必要であったり、エンダー愛と組み合わせてエンダーチェストを作ることが出来ます。

そしてガラスとネザースターと組み合わせると「ビーコン」も作れます。黒曜石は手に入れるのはちょっと大変ですが手間をかけるだけの価値があるブロックだと思います。個人的にエンダーチェストはかなり便利なのでおススメです!

またビーコンは設置することによって様々な効果を受けることが出来るものになるので、コストはかなりかかりますが、作れるようになったら積極的に作っていくことをおススメします。

関連記事

ブロックまとめ」はこちら

レッドストーン回路まとめ」はこちら

© 5Q 2015

運営会社