マイクラ攻略wiki > アイテム > 松明

松明

マインクラフトに必須のアイテム「松明」を使いこなそう

torch0の画像

マインクラフトをプレイする場合、松明はとても重要なアイテムです。マインクラフトは夜になると世界が暗くなり周囲が見えにくくなります。家の中なども明かりがないと暗闇に閉ざされることになるのです。

また、洞窟などを奥に進むと光が届かなくなり真っ暗になります。こうした暗闇を照らすのに必要なのが松明なのです。

松明を作って家に付けよう

さて、この松明を作るためにはいくつは材料が必要です。まず作業台を使って「木材」から棒を作ります。次に「かまど」で木材を燃やして木炭にしましょう。ここでできた棒と木炭を作業台で組み合わせると松明が完成します(画像1)。

torch1の画像

松明は1回の作成で4本できます。最大64本までスタック可能なのでたくさん作っておくといいでしょう。

松明は壁や地面などに設置できます。最初は「自分の家」の中に置いていきましょう。壁の四隅に付ければ部屋の中が夜でも明るくなります。家の中の設置が終わったら今度は家の周囲に設置します。まず家のドアの部分に松明を置くといいです。

次に家の周囲の安全を確保する必要があります。「敵MOB」は暗いところでスポーンします。しかし松明の明かりがあるとその付近ではスポーンしなくなるので安全の確保ができるようになるのです。家の周りをフェンスなどで囲っているなら、だいたい6マス間隔で設置していくと効率がいいです。

ぐるりと家の周囲に松明を置けばいきなり家の側にモンスターがスポーンすることはなくなるはずです。

松明の効果と利用方

次にこの松明の効果について説明しましょう。松明は明かりを灯すだけではなく、モンスターのスポーンを阻止する働きがあります。光の届く範囲は松明がある場所から6マス先までです。その地点を過ぎると暗くなります。

この松明を畑の周囲などに設置すると夜間でも「小麦」などの成長を促すことができるようになります。この特性を利用すれば洞窟内などの光が差さない場所でも野菜の栽培が可能になります。また、松明は熱を持っているので水場の上などに設置するとだんだんと水が乾いていきます。さらに松明は「」や「」を溶かすことにも使えます。

実際の松明の利用方法ですが、一番出番が多いのは洞窟での探索や採掘です。洞窟は中が暗いので松明を定期的に設置していくと見通しがよくなります。また、洞窟内ではモンスターがスポーンしますが、松明の明かりがある部分ではこのスポーンがなくなるので洞窟内の安全を保つことが可能になります(画像2)。

torch2の画像

ただし、段差のある場所だと光の届く範囲が変わりますので注意が必要です。洞窟になどに設置する場合は数が必要になるので十分に作成しておくといいでしょう。

この松明は家の景観を改善するのにも活用できます。松明を壁などに設置すると木の棒が突き出たような感じになります。そうした見た目を改善する方法があります。まず松明を壁などに設置したら、その上から額縁を貼り付けます。

すると額縁から松明が出ている感じに変わります。次に松明の根元部分に半ブロックの木材などを配置すると松明の飾りのようになるのです。ちょっとした見た目の変化ですが応用の利く「テクニック」です。松明はクラフト材料にも使えます。

カボチャ」と松明を組み合わせるとカボチャランタン「ジャック・オ・ランタン」が出来上がります(画像3)。家の中の飾りにしたり外に並べるのも楽しくていいでしょう。

torch3の画像

松明の特殊な利用法に砂ブロックの土台に使うというものがあります。縦に砂を積み上げる場合に一番下に松明を置いて、砂の塔が不要になったときに松明の上のブロックを壊すと砂の塔は重力の影響で一気に崩れます。わざわざ手で排除する必要がないテクニックです。

松明の注意点

さて、便利な松明ですが設置できない場所もあります。まず水中には松明は置けません。鉄のドアや木のドアも設置は不可能です。さらに小麦やバラ、サボテンなどの植物関連にも置くことはできないようになっています。設置には気をつけてください。

このように松明は非常に汎用性のあるアイテムです。同時にないと困る場面も多いので、できるだけ作り置きをしておくといいでしょう。最後に夜に自宅の家の位置を把握する場合に高さ20ブロックほどの塔を作って頂上付近に松明をたくさん付けると目印になって便利です。

拠点を持つようになったら試してみることをおすすめします。

関連記事

ダンジョン攻略」はこちら

廃坑」はこちら

© 5Q 2015

運営会社