マイクラ攻略wiki > > 村人

村人

村人とふれあおう!

「マインクラフト」は一人で遊んでも面白いがマルチプレイで複数人で遊んでもまた楽しいのが魅力だ。しかしソロプレイでも寂しくないのがマインクラフトのすごいところだ。

なぜならこの世界には「村人」というNPCがいるからである。ではマイクラ世界の村人とはどんな存在なのかここで触れていこう。

村人について

村人画像1

マイクラのワールドにはランダムで村が生成される。誕生する「バイオーム」によって家を構成する素材も変化する。また村内には図書館や鍛冶屋などの施設が存在するぞ。

そこに誕生するのが村人である。彼らはプレイヤーにとても優しい。作物を借りたり(取ったり)殴ったりしても怒ったり反撃してくることはないぞ。

とりあえず禿げており魔女のようなでっかい鼻が特徴的だ。袖下で腕を組んでいるのだろう、腕が前で合わさるポーズをしている。

村人と一言でいってもいくつかの職業があり服の色も違っている。農夫や司書、鍛冶屋に司祭、肉屋などである。彼らは昼間は何やら不思議な言葉を話ながら村の中をうろうろしている。

そして日が暮れてくると急いで家の中に戻ろうとする。雨が降ってきた時などにも同様の動きをするぞ。また子供の村人も存在し、複数人で鬼ごっこをして村内を駆け回っているぞ。

向こうから積極的に話しかけてくることはないが、それでも生きてる人型NPCを見つけるとちょっと安心する。

村人と交易する

村人画像2

以前はただそこにいるだけの癒し(?)の存在というだけだった。しかし現在は、こちらから話しかけると交易を行うことができる。村人に右クリックするとその内容が表示される。

彼らの職業ごとによって取引内容は違っていて、「エメラルド」とアイテムを交換することが出来る。貴重なエメラルドだが村人とそれ自体を交換できたりもする。村人1人に対して複数の取引が出来るぞ。

また取引内容には最安値と最高値が存在する。例えばカボチャとエメラルド1個を交換する場合、カボチャ8個と交換出来ることもあれば13個必要なこともある。

どんな取引がどれくらいの値段であるかはランダムなので、良い交易相手を見つけた時はうまく活用しよう。

またある同じ取引の利用回数には上限があるので注意したい。取引停止になると品目のところに赤いバツ印がつく。別の取引をすることでまた更新されるぞ。

また交易のウインドウを閉じると紫色のクルクルしたパーティクルが表示されることがある。これの後には再取引できるようになったり、隠されていた取引がアンロックされるぞ。

司書、武器屋、道具屋などは「エンチャント」付きの本を出してくることがある。特に武器屋と道具屋からは武器・ツール用のエンチャント本をゲットできる可能性がある。いずれもエメラルドが必要となるので、ゾンビ肉や石炭など増やしやすいアイテムと交換出来る村人がいたら大事にしよう。

村人をゾンビから守ろう!

村人画像3

そんな温厚な村人たちだが、彼らがロストしてしまう可能性が存在する。それは「ゾンビ」。ヤツらは村を襲い壊滅させてしまうことがあるぞ。久しぶりに村に行ったらもぬけの殻だった、なんてことが起こるととても悲しい。

ゾンビの31ブロック以内に村人を見つけると襲い始める。また村人襲撃イベントというのも発生し、大量のゾンビが村を襲う。まるでゾンビ映画のようだ。村を湧き潰しをして柵などでバリケードを作って守ってあげよう。

アイアンゴーレム

村人たちは自分たちで戦う力を持たないか弱い存在だ。そんな彼らの唯一の対抗手段は村の守護神「アイアンゴーレム」である。

ゴーレムは村人に花を送ったりする程の友好関係を築いている。村人がゾンビに襲われた際にはその豪腕を振るってくれるぞ。しかしゴーレムのそれは、自分にも降りかかることがあることを忘れてはならない。

村人のプレイヤーの間には「有名度」が存在し、それが一定値を下回るとゴーレムは敵対してしまう。有名度は「0」から開始され村人に攻撃したり殺害したりすると下がってしまう。ゴーレムが敵対したり交易が出来なくなったりとマイナス要素しかないので彼らとはぜひ友好関係を結ぶようにしよう。

村人は一見「男性」しかいないように見えるが、しっかりと繁殖もするぞ。見た目は同じようでもきっと女性もいるに違いない。ともあれ、彼らは条件を満たすとハートマークを浮かべながら求愛行動を起こす。

その後に子供の村人が誕生するぞ。子供は20分で成人へと成長する。良い取引がなかったりした場合は、そうやって村人を増やして新しい交易を探すといい。

ゴーレムトラップ

また、村人を人工的に繁殖させて利用する「ゴーレムトラップ」というのも存在する。鉄インゴットを集めたい方は挑戦してみよう。

さいごに

村を保護したりする手間がかかったり、希望の交易品が全然出なかったり大変な部分も多々あるが、村人はプレイヤーの仲間である。村を見つけたら積極的に話しかけて仲良くなろう。孤独なソロプレイの癒しは動物だけではないことを忘れてはならない。少し声がうるさいのはご愛嬌だ。

関連記事

© 5Q 2015

運営会社