Home MinecraftBlock 粗い土

粗い土

by админ

粗い土

マインクラフトのブロック

マインクラフトのブロックは様々な方法で手に入れることができます。例えば「」や「」といったブロックは素手で取ることも可能ですが、道具の「シャベル」を使うとさらに早く採掘することができます。

素手で取ることができるブロックもありますが、「」や「鉱石」等の硬そうなブロックになると、素手で時間をかけてたたき続けてもブロック化しないため、「ピッケル」を用意しないと採掘することができません。

菌糸」や「」等の壊すと別のブロックになってしまう性質がある物に関しては、「エンチャント」の「シルクタッチ」が付与された道具でなければ採掘できないなど、ブロックといっても採掘方法が異なる物が多いです。

また、特定の素材を組み合わせてクラフトしないと手に入らない「TNT」や「ジャック・オ・ランタン」といったブロックもあり、素材やブロックを組み合わせるとクラフトできるブロックもあります。

マインクラフトの基本ブロック「土」

洗い土画像1

マインクラフトを初めてプレイする人や、経験を積んでいるプレイヤーでも最初から最後まで使う機会が多いブロックに「土」があります。

「土」はブロックの中でも柔らかいため、素手でも入手できるほど柔らかいブロックです。

また、マインクラフトの世界にほぼ無尽蔵にあるため、入手できなくなってしまったということはまず無いほどです。

「土」の使い道も豊富にあり、資材を十分に手に入れてない状態でとりあえず作った簡素な土の「小屋」で夜を過ごしたプレイヤーも多いはずです。

また、道具の「鍬」で土の上を右クリックすると農地になるため、小麦やニンジン、ジャガイモといった「農作物を育てる畑」にすることもできます。

整地」好きなプレイヤーからは良い埋め立てのブロックとしても、海を埋め立てて土地を広くしたいプレイヤーにも人気があるブロックです。

ただし、爆発耐性がとても低いためクリーパーの自爆等で簡単に吹き飛んでしまいます。

「火打ち石」を生み出す「砂利」

洗い土画像2

砂利」は「」のブロックと同じように重力に従うように落ちる性質を持っているため、空中で固定することができないブロックです。

「砂利」は地上にある溶岩の周りや地中等で、素手やシャベルを使って採掘することができます。

また、「村人が住む村」の道も「砂利」ブロックでできているため、村を見つけることができれば大量の「砂利」を確保することができます。

「砂利」にはもうひとつの性質があり、「砂利」を採掘すると稀に「火打石」というアイテムが出てくることがあります。

「火打石」は火をつける為の道具「火打石と打ち金」や、遠距離武器の「」で発射する「矢」の製作素材ともなります。

特に「火打石と打ち金」はマインクラフトの別世界「ネザー」へ行くためのネザーゲートに着火したり、伐採するのが大変な巨大な大樹を燃やしたりする時に便利です。

「土」と「砂利」をあわせたブロック「粗い土」

洗い土画像3

「土」ブロックは周りに十分な光源があり、かつ隣接する「草ブロック」や「菌糸」があると、これらのブロックから伝播して同じ「草ブロック」や「菌糸」に変化してしまいます。

これらのブロックを量産したいときには便利ですが、庭等を作る際にデザインの理由で伝播されると困る場合は「粗い土」を使いましょう。

「粗い土」は「土」と「砂利」を合わせると作ることができるブロックで、見た目は「土」と大差ありません。「粗い土」は隣接する「草ブロック」や「菌糸」からの伝播を受けないため、庭のデザインで伝播が困る場合に便利なブロックです。

ただし、鍬で耕すと「土」ブロックに戻ってしまいますので、注意しましょう。

まとめ

庭のデザインで伝播が困る場合は「粗い土」を使ってデザインすれば伝播しません。土に戻したいときは鍬で農地にすれば戻すことができますが、砂利には戻せないので注意しましょう。

関連記事

ブロックまとめ」はこちら

建築まとめ」はこちら

You may also like

Leave a Comment