Home MinecraftVehicle 馬に乗ろう!

馬に乗ろう!

by админ

そうだ、馬に乗ろう!

馬の乗り方画像1

馬は乗り物として利用できるMOBで、手懐け方が特殊な以外は、簡単に入手できる動物MOBです。

クラフトできないサドルが必要ですが、冒険好きなプレイヤーから見れば、トロッコとレールを敷くよりも簡単に移動手段が手に入ります。

馬に乗って冒険するスタイルが、冒険野郎感を出しているので、ゲームプレイヤーからは特に好まれます。

見た目だけではなく、実際に資源を消費せずに手軽な移動手段が手に入るので、初心者にもおすすめな移動手段です。

純粋な移動手段だけでなく、自由にコースを設定できる強みを生かして、馬のレースなどのゲームを自分で作って楽しめるところも馬の良さです

サドル付きの馬画像1

馬はゲームの幅を広げるので、クラフトに飽きたら、馬を手に入れましょう。

馬まとめ」はこちら

馬の操作方法

● 乗る:右クリック

● 手懐ける:アイテムを選択しない、空手の状態で、右クリック(手持ちアイテム欄のアイテムをインベントリに移動して空にした状態でやる)

● 降りる:LCtrl(右のCtrlキー、スニークのキー)

● 加速:前進キー(標準でW)

● 方向転換:マウス操作

● ゆっくりと後退、左右移動:対応する方向キー。これはゆっくりとその方向に動きます(標準でSで後退、A,Dで左、右に移動)

● 馬インベントリ表示:スニークしながら右クリック(標準で)

手懐けた状態で、スニークしながら右クリックすると、サドルと馬鎧をつけられます。チェストをつけたラバ・ロバは、ラバ、ロバのインベントリも表示されます。

サドル」はこちら

知っておきたい馬の特性

サドル付きの馬画像2

馬の加速

馬は、前進キーで加速します。通常の移動は前進キーとマウス操作の方向転換で行います。

左右後退は、移動速度が遅いので位置の微調整に使うのが得策です。特に後退はスニーク並みに遅いので、逃げる時は、転進しましょう。
逃げたい方向にマウスで方向転換して前進した方が効果的です。

馬の速度とジャンプ

馬に乗っている時は、経験値バーが馬のジャンプ力表示になります。馬のジャンプボタンを押し続けるとバーが満たされていきます。バーが最大の状態で、馬が最高のジャンプ力を発揮します。

馬MOBには個体ごとの速さがあります。特にロバ、ラバは、馬よりも遅い設定になっています。ロバ、ラバはチェストをつけて運搬できる、ちょっと早い乗り物として扱います。

馬とロバの使い分け

馬は純粋な移動手段として役立ちます。馬鎧とサドルをつければ、馬は冒険のお供や牧畜生活に役立ちます。オオカミを連れて、馬を乗り回せば気分は牛追いや羊追いのカウボーイです。

ロバは手軽なチェスト付きトロッコみたいに扱えます。徒歩の冒険や、資源採集所との行き来に有用です。

友好的なMOB」はこちら

コースを作ってスラローム

馬は乗り回す楽しみがあるので、専用のコースを作ってレースやタイムアタックが出来ます。クラフトと採掘に飽きたら、馬でコースをタイムアタックしてみましょう

馬の競技コースを作って、マップを共有したり、一人でタイムアタックすると、ちょっと変わった別のゲームになります。

最初は100*45程度の広さのオーバルコースを作ると、馬の加速感を楽しめます。整地した平面のコースでは加速が、自然の造形を生かしたコースを整備すれば、アグレッシブなゲームが楽しめるでしょう。

サドル付きの馬画像3

ロバ向けのコース

ロバは速度が遅いので、40*10程度の大きさの起伏に富んだテクニカルなコースが向いています。速度が遅いので、細かい動きで障害物を避けたり上ったりするコースを作ると楽しめます。

ロバは30*20程度の小さなスペースでも立派なコースになるので、庭先にロバ用のコースを作っても楽しめます。

馬向けのコース

馬は加速が魅力なので、大きめコースを作りましょう。直線を多用すると加速が楽しめますし、直線の先に壁を用意すれば、ジャンプ力を体感できます。

馬は速度が速いので、細かい動きはロバよりも難しいです。まずは、直線と平坦なコースに、木材で作った小山を用意するようなコースを用意して、馬の操作に慣れましょう。

馬を楽しむコースは大掛かりになりがちで資源を大量に消費するので、クリエイティブモードで楽しんでから、サバイバルで作ると挫折しません。

レース用のコースに悩んだら

とりあえずスタートとゴールを一周するコースを作ります。起伏やコースの内容は考えずに、柵で囲ってしまいましょう。何かを作る時は、骨組みを完成させると挫折がありません。

とりあえず一周するコースを作る、スタートからゴールまでの道のりがあるコースを完成させると形になるし、いつでもやめられるので、楽しくコース作りが出来ます。

後で、もっと柵の配置を変更したい時は、その都度壊してコースを修正すると挫折しません。

関連記事

You may also like

Leave a Comment